【macOS】UnityとVisual Studio Codeの連携方法 〜開発できるまでの設定ポイント〜

UnityとVisual Studio Codeのお話がメインです。その前にちょい長めの導入から。

 

Visual Studio Code(以降、VSC)がテキストエディタとしてGreatという情報をキャッチしたので使ったみました。サブのテキストエディタとして使っているSublime Textと比べると

  • 標準でMarkdownのプレビューが表示できる
  • 各種メニューが日本語なので、環境設定がやりやすい

サクサク動きます。Sublime Textの方が起動が速いですがVSCもいい。

という流れからC#に興味が出てしまったのね。C#のコードを打ちたいって思っちゃったんです。ただ、コンパイラ入れてコード書いてハイ実行じゃ面白くないから、この機会にC#が使えるUnityをもう1度やってみようと奮起。

もともとUnityはやってみたかったし、最近は絵を描くことやCG熱も再Burningしていたからこれはいいタイミング。本業の写真といっしょに楽しんでやりたくなりました。

 

というわけで、この記事では3つのお話をします。

  1. UnityとVSCの連携方法
  2. 僕の環境でつまずいたこと
  3. 現時点の「なぜ?」なこと

僕は元エンジニア(低級言語のね)ではありますが、Unity開発経験は本のサンプルくらいだし、「brewってなに?」だったり、Terminalのコマンドも熟知してません。間違っている点があったらコメントくださいね。

なお、僕のメインテキストエディタはCotEditerです。さっとメモを取る時に使ってます。軽快でプレーンなテキストエディタですよ。

 

 
スポンサーリンク

 

<【macOS】UnityとVisual Studio Codeの連携方法 〜開発できるまでの設定ポイント〜>

使うもの

UnityとVisual Studio Codeの連携方法

1. Unityでやること

こちらは簡単。Unityで新規プロジェクトを作成後、以下のディレクトリにVSCode.csをコピーすれば、Unityがよしなにやってくれます。

 

(Unity Project dir) -> Assets -> Plugins -> Editer -> VSCode.cs

 

VSCode.csはUnityとVSCをいい感じに連携してくれるスクリプトとのこと。

コピペはプロジェクトごとに必ず1回やる儀式です。

 

VSCode.csをコピペするとUnityの環境設定に「VSCode」が表示されるようになります。デフォルトの設定でもいいと思いますが僕はこんな感じ。

 

20170115a

 

「VS Code Path」にはVSCをインストールしてる場所を指定します。僕は「アプリケーション」ディレクトリ以外にしてるので変更しました。

2. Visual Studio Codeでやること

C#の拡張機能をインストールします。

 

Command+Pしてから以下のどちらかを入力

ext install csharpr
ext install omnisharp

 

VSCの再起動後、C#の予約語がカラフルになり(↓)、自動補完が効くようになるはず。

 

20170115b

 

ちなみに、調べてみると2つのインストールコマンドが出てきました。でもどちらを実行しても「C# for Visual Studio Code」がインストールされました。拡張機能名が「(Powered by OmniSharp)」とあったので合体したのかな。

3. 連携できるようになったが・・・

以上の設定をするとUnityからVSCを呼び出すことができます。

 

20170115c

 

あるいは、C#ファイルをダブルクリックしても呼び出せます。この画面(↓)はBoxを配置して、それにC#ファイルを適用させたところね。

 

20170115d

 

しかし、ここでVSCを見てみると「警告」と「エラー」が表示されてしまいました。

 

20170115e

 

ってことで、これを消すためにアレヤコレヤをやるんですよ!!

 

【次のページ】Visual Studio Codeで出た警告とエラー対策

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「自分の好きに生きる!」と思い切って大好きな信州に移住したフォトグラファー。僕の写真は、その人/その場の空気感をすくい撮っているのが特徴です。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を深めていきます。

どんな写真を撮るのだろう?どんな人なんだろう?と興味をもっくれたならば、「CONTACT」からお気軽にご連絡を!待ってます!