【macOS】UnityとVisual Studio Codeの連携方法 〜開発できるまでの設定ポイント〜

Visual Studio Codeで出た警告とエラー対策

VSCのログを見ると

Couldn’t locate Mono, TargetFrameworkRootPath not specified

“.NETFramework, Version=v2.0” were not found.

 

のメッセージがある。調べてみたところ、必要なものがないようです。僕の環境では以下のものが入ってませんでした。

  • Homebrew(macOS用のパッケージマネージャー) → http://brew.sh/index_ja.html
  • openssl(通信プロトコルのライブラリ、特定version以上のもの)
  • .NET Core(.NET Frameworkのなにか)
  • Mono(.NET FrameworkをMacでも動かせるようにしたもの)

早速入れてみましょう!

 

[adSensecode]

 

1. Homebrew

Terminalでコマンド打つだけ。

 

ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”

 

この後、ずらずらと表示されますが、Returnすれば完了。すでにインストールされている人は「brew update」を叩いて最新版にしておくといいでしょう。

インストール後は念のためバージョンを確認しておきます。

 

brew -v

Homebrew 1.1.7
Homebrew/homebrew-core (git revision 8adb; last commit 2017-01-14)

2. openssl

.NET Coreで使用されるみたいです。.NET Coreの公式サイトにインストール方法が載ってます。一連のコマンドを叩けばイケます。

 

brew install openssl
mkdir -p /usr/local/lib
ln -s /usr/local/opt/openssl/lib/libcrypto.1.0.0.dylib /usr/local/lib/
ln -s /usr/local/opt/openssl/lib/libssl.1.0.0.dylib /usr/local/lib/

 

本当はシンボリックリンクをはらず、環境PATHを通した方が良いかもしれません。なぜなら、

 

which openssl
/usr/bin/openssl

openssl version
OpenSSL 0.9.8zh 14 Jan 2016

 

のように、通常ではbrewパッケージ内の新しいopensslを見にいってくれないからね。

opensslは通信に使われるライブラリですからとても重要。できればバグフィックスされた最新版を使いたい。

ということで、環境PATHの設定はこちらが参考になります。

▶︎参考:Homebrew brew linkしてもリンクしたopensslを使ってくれない。 – Qiita

3. .NET Core

.NET Coreの公式サイトの「Download .NET Core SDK」のボタンを押すとpkgがダウンロードれるので、画面の指示に従ってインストール。

でね、インストール画面をよ〜く見てみると「opensslが必要だよ」って書かれています。

4. Mono

Terminalでコマンド打つだけ。

 

brew install mono

 

この後、ずらずらと表示されますが、Returnすれば完了。

 

必要なものが全てインストールされたのでようやく警告とエラーが消えました!イェイ!

 

【次のページ】現時点の「なぜ?」

写真素材note発売中

継続課金マガジンで写真素材を販売しています。ブログに載せるもOK、壁紙に設定するもOK、使い方は自由です。フリー素材も良いけれど、人と被りたくないという方に人気です。

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Hanamura

Software Engineer & Photographer/Python、Golang、JavaScriptを嗜み中。また、撮られることに慣れていない方を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評です。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。2019年秋から夫婦生活スタート。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください