【Scrapbox】User Script や CSS をインポートする方法

他のプロジェクトに User Script や User CSS をインポートする方法の備忘メモです。

Scrapboxってなんぞや?という方はこちらをどうぞ。Googleアカウントがあれば使えます。

僕はプロジェクトを3つ作って、「あらゆるナレッジ」「不定期日記」「ブログメモ」と使い分けています。

すべてのプロジェクトで「文字数カウンタ」(Script)や「フォント」(CSS)などを統一したいときは、3つのプロジェクトに同じコードを書けば良いんだけど好ましくないよね。コードの修正が必要になったら、3つとも修正しなくちゃならないから。

なので、他のプロジェクトに設定を流用できる「import」があるのです。

User Script や User CSS をインポートする方法

XH1S2774

執筆時点(2019.2.23)では以下のようにすると動きました。動作確認したブラウザは Chrome / Vivaldiの2つ。

前提

  • ProjectA の設定を ProjectB に適用する
  • User Script は ProjectA の「自分のページ」に書く(ページ名は「hanamura」とする)
  • User CSS は ProjectA の「settings」に書く(Project 全体に CSS を適用させるため)
  • User Script が使えるように、メニュー → Edit profile → Extensionタブ → User Script を Enabled にしておく
sc_190223

User Script のインポート

ProjectB に「(Aと同じ名前の)自分のページ」を作り 以下のようにする。

code:script.js
import "/api/code/ProjectA/hanamura/script.js";

User CSS のインポート

ProjectB に「settingsページ」を作り 以下のようにする。

code:style.css
@import "/api/code/ProjectA/settings/style.css";

User CSSの場合は「@」が必要みたいだ。

スッキリ解決!

XH1S2770

開発してくださる方やヘヴィユーザさんの Scrapbox には使い方が書かれているのですが、いまいちわからなかったのでまとめました。

Script と CSS の棲み分けがわかってなかったんだけど、↓こういうことなんだと思います。

  • User Script:自分のページ
  • User CSS:settings(プロジェクト全体適用)、自分のページ(個人アカウントのみ適用)

やっとスッキリしました。

【ポートレイト撮影の募集 in 関東(8月10〜25日)】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。本期間中の出張エリアは関東圏内に限ります(都内、横浜など)。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「撮影サービス」からどうぞ。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。