あなたの素敵に気づける写真
撮ります

素敵と感じるものを僕は「光」とイメージします。
「笑顔」「おいしそう」「いいね!」と感じるものが素敵=光。

それは、きらきらした魅力とも言えますね。

素敵は誰にでもある。
今感じられなかったとしてもある。
演じたり繕ったりすることで輝きをつよくすることはできるけれど
僕は「自然体が一番いいんじゃないかな」と思う。

素の笑顔はとっても魅力的。

そんな一瞬を、僕はそっとすくい撮る。
そんな時間を、あなたと楽しむ。

空気感フォトグラファーはそんな気持ちで写真を撮ってます。

素敵を撮る3つのポイント

『お話しながら撮りましょう』

撮影って緊張しますよね。多くの方は撮られるのに慣れていません。僕にも経験があるからわかるのです。

僕の撮影はお話しながら進みます。ゆるんで撮るためにはどうしたら?と試行錯誤していたら、お話しながら撮影するスタイルになりました。

好きなことを話しているときって魅力的で素敵。だからあなたのお話を聴かせてください。会話を楽しむ感覚でOKです。

撮影すべてがコミュニケーションです。

『ポーズはお願いしません』

「笑顔をください」や「ポーズとって」とは言いません。リラックスしてほしいから無理矢理はしません。安心してください。

撮影しているときはカメラを見るのではなく、撮っている僕を見たり、話を楽しむテイでいてくれるだけでOKです。その間に僕が勝手にいいショットを撮りますので(笑)

自然体でいられる方が実はつよいです。自然体は無理がありませんから、素直なあなたが写真から伝わります。

『撮影はお気に入りの場所で』

そこへ行くとホッとしたり楽しくなる場所ってありますか?僕は空間が与えてくれる力はあると思っていて、居心地いいと感じる場所を大切にしています。

撮影するときも「その力はやっぱりある」と実感としてあります。だから、あなたのお気に入りの場所へ行って撮影しましょう。

緑溢れる広場や海の見える公園など、行き先は相談しながら決めていきましょう。屋外撮影と屋内撮影、相談承ります。

撮るひと

花村貴史|空気感フォトグラファー

神戸、大阪、京都、横浜、東京を中心に、全国へ出張撮影しているフォトグラファー。「人」や「場」がまとってる素敵=「空気感」をそっとすくい撮ります。カウンセラーマインドによる撮影は心理セッションになることも。

得意分野は人物、風景、小物、料理や店舗などの撮影。

情報発信したい個人事業主や店舗経営者、作家や料理人、建築家はもちろんのこと、ご家族など、あなたの「今とこれから」のために写真でお手伝いします。

お知らせ

空気感フォト発売中
空気感フォトグラファーが撮影した、ロイヤリティフリーの写真素材を継続課金マガジンで連載しています。

まずはお気軽にご相談ください

最新記事