写真を丁寧に撮るということ

写真を丁寧に撮っています

昨年の夏あたりから「丁寧」を特に意識するようになりました。

  1. 撮りたい対象に出会い、カメラを構える
  2. 背面液晶やEVF、肉眼で対象を見る(観る)
  3. 液晶/EVFを見(観)ながらフレーミングし
  4. ピントリングを調整して自分好みのピント面を決める
  5. 最後にシャッターを切る

ポートレイト、とく小さいお子さんが動いていてかつ、ピントが必要な写真を求められるときはできませんが、僕が感動したときは「丁寧」を心がけます。

つまり、あっ!と「」じて撮ろうと「」いたときは、撮らせていただく気持ちを大切にするってこと。

写真撮影は被写体があってはじめて成り立つ行為ですから、対象にもっと感謝したり、撮るまでの所作をもっと大切にしてもいいと僕は思うですよ。

丁寧に撮りつづけることで、僕のなかで在り方や感性が育まれていくと感じます。

フォーカスはMFです。AFにしていても最終的なピント調整は目視。撮りたいところは自分で選択。液晶の拡大機能とフォーカスピーキングを使いまくります。

こうなってくると、ピントリングを回すこと自体に楽しさを求めたいところ。

心地よいピントリングを求めて

昔、RICOH GXR + MountA12ユニット + Voigtlander COLOR SKOPAR 25mmF4Pを使っていたとき、ピントリングのほどよい抵抗感が心地よくてね。「カメラを操っている感」をめっちゃ味わえたんですよ。

それと同じことを現代のカメラでもやりたい!
じゃなきゃ、丁寧には撮れないぜ!
(そんなことはない笑)
ほどよい抵抗感のあるレンズはどこ!?

こういうとき、SIGMAのレンズはピッタリです。ピントリングにはある程度の抵抗があって「操っている感」がじっくり味わえます。

僕が持っているレンズは3本。いずれも心地よし。

テクノロジーが進み、機械がどんどん人間の負担を軽くしてくれます。でも、MT車をずっと乗り継いできた僕からしたら、ある程度の「めんどくささ」がある方が楽しいです。

さくさく撮る写真より、ここに書いたようなスローフォトが性に合っています。

後日、SIMGA fp用にVoigtlander NOKTON 40mm F1.2 Aspherical(VMマウント)を買いました。50mmほど狭くなく、35mmのようにちょい広ではない絶妙な画角が非常に馴染みまして、大好きなレンズになりました。

X-H1でも同じ体験をしたいので、XF27mmF2.8 R WRをいずれ手に入れます。

※写真はSIGMA sdQuattroH + 28mmF1.4/Artを持って貴船をふらりとしたヨウス

写真素材note発売中

継続課金マガジンで写真素材を販売しています。ブログに載せるもOK、壁紙に設定するもOK、使い方は自由です。フリー素材も良いけれど、人と被りたくないという方に人気です。

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Hanamura

Software Engineer & Photographer/Python、Golang、JavaScriptを嗜み中。また、撮られることに慣れていない方を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評です。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。2019年秋から夫婦生活スタート。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください