等倍サイズで見たい超画質に惚れ惚れ!SIGMAのカメラは素晴らしい!

DP1M0054_2

※本エントリは旧ブログ「nnamm::log」の削除作業にともない、「信州 Snap::Life」に移行したものです。移行に際し、加筆修正しております。なお、執筆時期は2013年12月8日です。

 

DP1 Merrillをついに購入

2013年11月4日にSIGMA DP1 Merrillという、とてもマニアックなカメラを買いました。コンデジの中では異色の単焦点カメラ(ズームがない)です。チャンプカメラ港北ニュータウン店の店長さんに相談したり、検討に検討を重ねての購入です。

SIGMAのDPシリーズは現在、各焦点距離に対応したDP1 Merrill(28mm)、DP2 Merrill(45mm)、DP3 Merrill(75mm)の3機種が販売されています、人生初SIGMAとしてそのうちの「1」を買いました。(2015年現在、Merrillシリーズは開発が終了し、Quattroシリーズが最新です)

このカメラがね、これまたスゴイんですよ!

DP1M0037

[adSensecode]

何がスゴイのか

レンズ性能はもちろんのこと、SIGMAのカメラに搭載されているFoveon X3というセンサーがスゴイんです。

僕的な解釈でいうと、デジカメは光を受光して画像を作ってます。光とは光の三原色のことで、よく赤緑青(RGB)で表されてますね。でね、このRGBを受け止めるセンサー(板)が違うんです。

SIGMA以外のカメラが採用している板は、それ1枚でRGBをR25%:G50%:B25%の比率で受け止めます。それぞれの光を100%受け止めていません。受け止め切れてない部分は画像処理で「それらしく」見せています(それでも綺麗に見えるんだからその性能もスゴイんです)。

対し、Foveon X3はその板が垂直3層構造(レンズ側から順にB層→G層→R層)になっていて、それぞれの層でRGBを100%受け止めています。「それらしく」見せる必要のない嘘偽りなしの色です。だから、ありのままの色がありのまま写ります。

DP1M0070

最初に感動した写真がコレ

とはいえ、実際に撮ってみないことにはどんだけスゲーのかわかりません。Webでサンプルを見ても実際撮ってみないことにはね。

とちょっぴり半信半疑だったんですがサーセン、やっぱスゲーでした。その1枚がこれ。ぜひ等倍で見てみて!

DP1M0027

建築物の岩肌がね、くっきり鮮明なんです!本当にスゴイ!フツーのカメラではたぶん所々が潰れていると思います。プロ御用達のカメラじゃなくて、コンデジで気軽にパシャとしただけなのにこの写真か!

これ見たとき「これがSIGMAのカメラなんだなぁ」と感動しました。小さくて持ち運びやすく、綺麗に撮れるカメラ。スバラシイ。

DP1M0100

ありのまま撮りたい

それが「それほどいいの?」と思う方もいるでしょう。

でもね、そこは趣味ですし自己満足です。ディスプレイで見てても綺麗だけど、きっと大きくプリントしたときにその真なる良さを感じられるんでしょう。いつか仲間を集めて写真のグループ展やる!という夢を持つ僕からしたらこのカメラを使う意味は充分!

DP1M0136

あと、いろんなところで宣言してますが僕は信州が大好きです。その好きな土地の「あぁ、なんか、いいな」と感じた景色を、ゴハンを、人をありのまま撮りたいわけです。

その写真を見た方が「いいね〜」と言ってくれたり、そう感じてくれたらサイコーじゃん?

DP1M0153

購入店舗

【店舗名】
チャンプカメラ 港北ニュータウン店

【営業時間】
 月~金 10:00~20:00
 土日祭日 10:00~19:30

店長であるOさんは、経験も知識も豊富でいろいろき相談に乗ってくれて助かってます。

■チャンプカメラ Webサイト
チャンプカメラ-デジカメ/ネットプリント/カメラ買取/レンズ買取/証明写真/ダビング

Merrillユーザは必須のアイテム

★実はRICOHのバッテリもMerrillで使えます(経験あり)★

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします