初心のレンズ、XF35mmF1.4をふたたび

ふたたび使うレンズを決める

2023年の年始にひとつ決めたことがあります。

それは「今年は僕の原点であるXF35mmを使う機会、場数、時間を増やす」です。

いっとき僕はこれでなんでも撮っていました。ポートレイトや風景、モノなど。換算約50mmは標準レンズと呼ばれる世界です。

この世界に触れ続けることで

  • 自分はもっと広く撮りたいのか(広角レンズが使いたいか)
  • 自分はもっと注視して撮りたいのか(中望遠レンズが使いたいか、はたまたマクロか)

のように自身の方向性がわかってきます。

自分の世界を広げるのにちょうどいいスタートレンズが50mmです。僕はそういう考えのもと、カメラもレンズも揃えてきました。最新の機材ではありませんが以下のように。(カッコ内は実際の画角)

  • FUJIFILM XF10-24mmF4(15〜36mm)
  • FUJIFILM XF27mmF2.8(40.5mm)
  • FUJIFILM XF56mmF1.2(84mm)
  • FUJIFILM XF55-200mmF3.5-4.8(82.5〜300mm)
  • SIGMA 24mm F3.5 DG DN | Contemporary(fp:24mm)
  • SIGMA 28mm F1.4 DG HSM|Art(fp:28mm、sd QuattroH:36.4mm)
  • SIMGA 45mm F2.8 DG DN|Contemporary(fp:45mm)
  • COSINA NOKTON 40mm F1.2(fp:40mm)
  • RICOH GR(28mm)

※XF10-24mm、24mmF3.5は使用頻度が少ないので広角はそこまで好きじゃないようです
※XF55-200mmは2022年はよく使いまして、ふたたび大好きレンズへ

で、2023年に前述のことを思います。原点であり初心ともいえるレンズのXF35mmのことを。

初心忘れるべからず

僕は以前、初心についてこう語っています。

これはこれでありですが、本家本元である世阿弥さんの「初心忘れるべからず」の本質はもっと別のものです。

ということを最近知りまして。かの方のお言葉について、僕の解釈を自分の言葉でうまく伝えることはできませんが、とにかく何かを振り返りたくなったんです。

これまでの流れや今までの殻など、そういうものを変えるため(あるいは変えないくていい部分に気づくため)に振り返りたい。

コレジャナイ感と向き合う

2022年後半から「なんかコレジャナイ感」が増してきました。

人生、生き方、やっていること、やりたいこと・やりたくないこと。そのすべてに対してコレジャナイ感。いわゆる「む〜んとする」ターン。

これまでSIGMA fpを買ったり40mmの世界に楽しさを覚えたりしてきました。でも、コレジャナイに向き合うため、FUJIFILMのカメラにXF35mmF1.4をつけて換算52.5mmの世界に再入門します。

ゼロに戻って振り返るために52.5mmの眼でモノを見る。
見なおす。
ふたたび研鑽。
再スタート。

そのための、初心。

というわけで「これを思いながら1枚1枚丁寧に撮るぞ」と年始に思ったのでした。今年はどんな写真が撮れるのか楽しみです。

掲載した写真は1月上旬、妻と奈良へ行ったときのヨウス。すべてXF35mmF1.4です。

雨があがったので傘を刺すことなく、存分に「雨上がり感」を堪能しました。雨上がりの雰囲気はClassic Chromeで彩るのが好き。

ちなみに、カメラボディはアップデートしてもいいかな〜とは考えています(笑)今X-H1から換えるならこのどちらかですかね。

created by Rinker
富士フイルム
¥264,242 (2023/01/27 06:51:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
富士フイルム
¥234,000 (2023/01/27 06:51:20時点 Amazon調べ-詳細)

nnamm.work

こちらでも記事を書いています。Hugo製のエンジニア視点のブログです。

写真素材note発売中

継続課金マガジンで販売しています。ブログに載せるもOK、壁紙に設定するもOK、使い方は自由です。フリー素材も良いけれど、人と被りたくないという方に人気です。

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Hanamura

Software Engineer & Photographer/Golang、Python、C++を嗜み中。オシゴトはSAP。ポートレイトでは撮られることに慣れていない方を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評です。横浜育ち38年 → 信州移住2年半 → 2018年春から関西在住。2019年秋から夫婦生活スタート。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください