XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISを買った理由

R1006993

僕は2012年春からこれまで「上手くなるために単焦点で写真を撮る」と決めて練習してきました。という経緯は前回の記事に書きました。

そんなスタンスでいましたが望遠ズームレンズを買いました。なぜか?ということで「僕がXF55-200mmの選んだ5つの理由」をまとめます。こちらのレンズを検討している方の参考になれば嬉しいです。

選んだ理由は「表現の幅を広げるため」

ひとことで言うとこれです。ではなぜXF55-200mmなの?ってことですよね。

その前に、まず写真はレンズの性能で決まります。優先すべきはカメラよりレンズ。そして、(僕は技術者ではないので断言できませんが)画質を優先する場合は同じ焦点距離でもズームレンズより単焦点の方が有利。

いかに最新技術でズームレンズの性能が単焦点並といわれても、画質という点においてはやっぱり単焦点だと僕は思っています。

にもかかわらず、ズームを選んだその理由とは

DSCF3035

理由1. 50mm以上の中望遠域が欲しい

僕のレンズ環境は以下のとおり。(→以降は35mm換算の画角)

  • RICOH GR Digital4 → 28mm
  • SIGMA DP1 Merrill → 28mm
  • RICOH GXR MountA12 + フォクトレンダー COLOR SKOPAR 25mm → 37.5mm
  • RICOH GXR A12-50mmユニット → 50mm
  • FUJIFILM X-T1 + XF35mm → 52.5mm

僕は広角〜標準までしか持ってないのです。50mm以上の世界を見てみたかったんです。

→ 「中望遠/望遠レンズ欲」 1ポイント

DSCF3038

理由2. 以前撮った望遠写真のダイナミック感がいい

Nikon D90時代、タムロンの高倍率ズームレンズを使っていました。その望遠写真をInstagramに投稿したときに感じたのです、「この写真も案外いいな」って。

おそらく圧縮効果ですね。望遠レンズがもたらすダイナミック効果がいい。

普段目にしないイメージだからより好印象なんだろうと思います。加えて、その写真を見た友人からも好評なのはかなり嬉しいわけで(笑)だから、単焦点だけにこだわらない表現をやりたくなってきたわけです。

→ 「中望遠/望遠レンズ欲」 2ポイント

DSCF3050

理由3. 中望遠の「XF56mmF1.2 R」は手が出せない

中望遠で単焦点はというと「XF56mmF1.2 R」と「XF60mmF2.4 R MacroやTouit 2.8/50M」が挙がります。

前者は高くて手が出せません。人を撮るにはとっても有力なレンズなのですが今は厳しい。
(2017年2月現在は手に入れて、人物写真にめちゃめちゃ使ってます)

後者はMacroならばGXR A12-50mmユニットで充分撮れます。用途が被っているんですね。

→ ここは「無念の妥協 プラマイ0」でしょうか。
現在「中望遠/望遠レンズ欲」は2ポイント。

なお、XF55-200mmのワイド側はXF56mmとほぼ同じ画角ですが、レンズの明るさはもちろん、望遠と単焦点では撮れるものが違うはず。だから、画角が被ってもキャラクターを使い分けて楽しめるはず。

いずれXF56mmを手にして、ポートレイトを撮れるようにするぞっと。

DSCF3051

理由4. 「XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR」は重い

F2.8通しという明るさ!防塵防滴!性能は申し分ありません。高性能です。しかし、いかんせん高すぎますし重いです。気軽にお写ん歩するにはカメラ全体が重くなります。小型のミラーレスなのに機動性がスポイルされてしまうのはどうかな〜と。

少なくとも今の僕の用途には合いません。XF55-200mmであればまだ平気。

→ ここは「考えるの無駄 プラマイ0」です。現在「中望遠/望遠レンズ欲」は2ポイント。

DSCF3049

理由5. 50mm以上の眼を使って核心に注力したい

理由1に書いたとおり、僕は何年も単焦点カメラや単焦点レンズを使ってきました。

単焦点28mm〜50mmで撮ってきた経験から、自分好みの画角や被写体までの距離感がわかるようになりました。また、最近はInstagramを使って画像を加工するという表現手法を覚えたので、どんな色合いが好きなのかも分かってきました。

そういう経験から今の僕は28mmより広い画角で撮るより、50mm以上の眼を使って、もっと核心に注力して撮りたいのです。

できればFUJIFILMのカラーを使いたい。もちろん、広角24mmとか21mmを味わってみたい気持ちはありますが、今の僕は「そこ!」という核心を撮ることに夢中ってことです。

本当は全てFUJIFILMのX画質で撮れると嬉しい。それはゆくゆくの夢にします。

→ 「中望遠/望遠レンズ欲」 3ポイント

DSCF3046

結論

ざっくりまとめると

  1. 中望遠以上の望遠域が欲しい
  2. 2015年春現在、高性能XFズームレンズはあれど、それらは望遠域が200mmより短い
  3. 望遠がもたらす効果をまた味わいたい
  4. 予算の都合

ということで、現在手に入る最大望遠であり、中古でお手ごろ価格だったのでXF55-200mmを買いました。

信州移住を決意したから、っていうのも理由のひとつです。

信州に移住したら、今もっている広角から標準、そして今回の望遠で景色やモノ、ヒトを撮っていきたいんです。

さて、このレンズはF3.5-4.8と決して明るいレンズではありません。

でも、一般的なズーム(レンズキット等)よりは明るいですし、全然使えます。まだ20〜30枚くらいしか撮っていませんが、いい感じですよ。抜けが良いって言うんですかね。キレのある良いレンズだと思います。

それから手ブレ防止機構がついているのでかなり大丈夫。撮りにくいときは身体を固定する、三脚を使うなど撮れるように工夫すれば良いだけですからね。

DSCF3054

おわりに

XF55-200mmは大きいし普段使いとしては不向きでしょう。魔法のレンズたるXF35mmと比べると出番は少ないと思います。

けれども、これでしか撮れないもの、表現できないものってのはたくさんあります。だから手に入れました。

結果的に、カメラはばらばらですが28mm/37.5mm/50mm/84〜305mmという広角から標準、マクロから望遠までほとんどの焦点距離を手に入れることができました。もう何でも撮れそうです(笑)

もっともっと表現の幅を広げられるよう、楽しみながら付き合っていきます。

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西にいます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・2019年秋頃を予定しています。

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「撮影サービス」からどうぞ。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。