[XC16-50mmF3.5-5.6レビュー] 僕の写真の原点である24mmをX-T1で使ってみました!

信州に移住してからというもの、広大な風景を撮るために広角レンズが欲しいと思っていて、ひらめいたことがRICOH GRにワイコンつけて21mmにしよう!でした。

そんなことをFacebookに投稿したらX-T1使いのお友達が「XC16-50mm、貸しましょうか?」とご親切に言ってくださいました!

はい、速攻で借りました。

 

[adSensecode]

 

※写真は「北アルプス展望美術館」で撮影したものです

僕の写真は24mmから始まった

本格的に写真にハマッたのはRICOH GX100を手にしてから。

換算24〜72mmをカバーするコンデジ。当時は広角側で24mmのカメラは珍しく、それ目当てで買いました。広角で撮ることが本当に楽しかったのです。さすがRICOH、マニアックです。

そんなある時、写真をもっと上達させるために標準画角(50mm)に世界に飛び込みました。以前書いたとおり「絶対画角感」を身につけるためです。50mmで10000枚撮りましたよ。

▶︎参考:RICOH GXRが叩き出す写真が素晴らしい!GXRが好きすぎる!

 

今でこそ50mmが得意な僕ですが、24mmに慣れた当時の僕からしたら50mmは「狭っ!!!」でしたね(笑)

 

DSCF8313

 

今僕はRICOH GRの28mmとX-T1 & XF35mmをメインに使っています。でも、友達のおかげで24mmの世界をまた楽しめる機会が来たのです。

 

DSCF8337

 

XC16-50mmを使った感想

お借りしたのは前世代の「XC16-50mmF3.5-5.6 OIS」(リンク先は最新世代のII)。

換算して24mm〜75mmをカバーするズームレンズ。その上、手振れ補正も付いている。なかなか良い!

FIJIFILMのレンズはXFシリーズとXCシリーズがあり、前者の方が性能が良いプロ仕様というイメージがあります(実際の住み分けは知りません)。ただ、使ってみると本当にいい!

DSCF8334

  • 広角24mmがとにかく楽しい(テレ側はほとんど使ってません)
  • 手振れ補正の効きもいいし、何よりありがたい
  • よく写る
  • XF35mmと比べると、もっとキレが欲しいなと感じることもあるけど、写真を見比べないと分からないレベル
  • 逆光性能がハンパない(太陽の光芒写真が撮りやすい)
  • 暗いレンズであることは否めない、夜間撮影がどうかはわからない(まだ撮影していません)

 

24mmを使ってみると思いのほかスムーズに使えました。

GRの28mmで慣れているとはいえ、ここは嬉しい誤算でした。もうね、普通に使いやすいです。なお、逆光性能は以下の通り。びっくりするくらい良い!

 

DSCF8331

 

DSCF8316

 

▲の写真だけRAWから現像して暗部を持ち上げてます。他は撮って出しJPGです。

おわりに

今欲しいFUJIFILMのレンズはこちら。

優先順位や予算の都合等あるのでおいそれと手は出せませんが、このXC16-50mmはいざってとき助かる縁の下の力持ち的レンズなので、中古で1本手に入れておきたいです。

ただ、新品で買うなら頑張って、XF10-24mmを手にした方がいいと僕は思います。

ちなみに、お借りするときに実はXF27mmF2.8もお借りしたのですが、XF35mmF1.4を持っていると使いどころが・・・(笑)

 

【お知らせ】
XC16-50mmで初めて撮った写真をFlickr albumにしました。ご自由にご覧ください。
▶︎2016.06.04-05_XC16-50mm First impression

 

DSCF8340

 

安価なレンズなのに縁の下の力持ち的存在

GR用の便利オプション

ワイコンをつけるにはこちらの商品も必要になります。

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします