【買い増し】FUJIFILM X-T1が来た!仕事捗る!

中古のX-T1を買いました。最新のX-T2ではありません。

買い増ししてX-T1の2台体制の出来上がり。お仕事が捗ります、捗ります。

 

[adSensecode]

 

これまで人物を撮るときは、「X-T1 + 単焦点」(標準、中望遠)と「GR」(広角)の2台体制が基本でした。これからはGRが担っていた部分を「X-T1 + XF10-24mmF4」がカバーします。

GRは使い勝手はいいけど、人を撮るときは発色という点においてX-T1の方が好き。だからX-T1の2台体制にしました。捗る!仕事捗る!

今後、1号機はお気に入りの単焦点を付け替えするカメラとして、今回購入した2号機は、XF10-24mmF4をつけっぱなしにします。

 

GR031920

 

買い増しの安心感

買い増しでは新機種投入ほどのワクワクはありません。本当はこういうの欲しいよね(笑)でも、ワクワクとは違って、今後の安心感を僕は手にしました。

もしもという時が来ても撮影ができる。これは大きい。

購入したお店

購入したのは横浜。チャンプカメラの港北ニュータウン店。僕がいつも利用しているお店です。

今回手に入れたX-T1は初期型なので、各種ボタンのクリック感がイマイチの機種。でも、チャンプカメラ経由でメーカーサポートに送ってもらい、無料で現行機のクリック感にしてもらいました。ありがたいです。

 

だから買ったのにその日に手にすることなく、松本まで送ってもらうことになったんですけどね。この待ち時間がちょっと切なかったです(笑)

 

GR031919

 

おわりに

僕が日常的に持ち歩くときはカメラ1台(X-T1の場合はレンズ1本)というスタイルのため、プライベートがどう捗るかは未知数。

カメラ的ライフスタイルも変わっていくかもしれませんね。楽しみ!

 

GR031917

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします