FUJIFILM X-H1を買いました!シャッター感とボディ内手ブレ補正がすばらしい!

FUJIFILM X-H1を買いました!

2台あるX-T1のうち、4年ほど苦楽を共にしてきた1号機に「ありがとうね」と感謝して送り出し(下取り)、僕のもとにピッカピカのX-H1が巡ってきました。

僕は仕事中2台のカメラを使います。一方にXF35mmF1.4 or XF56mmF1.2を、一方にXF10-24mmF4をつけることが多いです。XF55-200mmF3.5-4.8をつけることもありますが稀。

僕は広角も標準・中望遠も瞬間瞬間をテンポ良く撮りたいので、レンズ交換ならぬ「カメラ交換」するスタイルなのです。これからはこの組み合わせをX-H1&X-T1でやっていきます。

GR032678

さて、今回は「X-H1のここいい」と感じることを書きます。

僕は「ここ」だけでも買い換えて正解と思えるほど。もちろん仕事でもプライベートでもね。

(1)シャッターがいい

フェザータッチシャッターの感触がとてもいいです。サクサク撮れます。かるく押せるので楽。その分、意図しないシュートもしちゃいますが慣れでなんとかなります。

また、X-T1と比べてシャッターの動作がやさしいですね。静か。だから撮ってて気持ちいい。

それとカメラの形状がいいです。僕は中指でシャッターを押すのがいいと思ってます。カメラを持ったときの手首が自然な角度になるから。X-T1はボディの小ささゆえ、中指でシャッターを切ろうとするとカメラが握りづらいんです。でもX-H1は自然と握れる。楽。

ちなみに親指でシャッターを押すことも多いです。

(2)ボディ内手ブレ補正機構がいい

大好きレンズのXF35mmF1.4やXF56mmF1.2が化けます。単焦点レンズにブレ補正がつく。これは使い勝手がめちゃめちゃ上がります。

やっぱブレちゃいけないところでブレちゃうことってあるじゃないですか(笑)だから大変助かります。

GR032680

やさしいシャッターとブレ補正、カメラの形状のおかげで、「フォトグラファーの手ブレ」と「カメラブレ」が抑えられるのがいい。きちっと写真が撮れるようになるから。

カメラに任せられることは任して、撮影者は自分の感性を全開にして被写体に集中できます。これがいいのです。

まだあまり外で撮っていないのですが、それだけでも「楽しい!便利!楽〜!」と街中で声に出しちゃいました(笑)彼女が隣にいたからだけど。

GR032682

センサーや高感度耐性、剛性など基本性能はX-T1から年月が経っていますから進化していて当たり前。

だから僕はシャッターやブレ補正機構はもちろんのこと、X-H1の全てがありがたいなって思う。X-T1からの進化ですからねぇ。色々便利になっています。

うん、 X-H1は「あとからじわじわ幸せがくる系」の買い物になりました。

※掲載した写真はRICOH GRで撮りました

FUJIFILM X-H1、オススメです!

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします