FUJIFILM X-H1を買ったあと、その備忘録

FUJIFILM X-H1を買いました。

上の記事には載せていない備忘録を残しておきます。

(1)唯一の懸念点

X-T1(2号機)も使っていきますが、X-H1の便利さを知ってしまった今、果たしてX-T1の性能に我慢できるかどうか(笑)画質は今も申し分ないんですが、レスポンスやら何やらを比べてしまうとね。

というわけで、中古のX-Pro2かX-T2を狙います。これまでと趣の違うX-Pro2とのコンビもいいなと思っています。

(2)予備バッテリー

現在X-H1のバッテリー(NP-W126S)が1個。X-T1のバッテリー(NP-W126)が3個あります。

もともとミラーレスのバッテリーはあまりもちません。一眼レフに比べたらもう雲泥の差。しばらく使って判断しますが、NP-W126Sを1つは買い足すでしょうね。

そうそう、NP-W126SとNP-W126の違いは耐熱性能のようですよ。

(3)次に欲しいレンズ

今持っているレンズは以下の4本。

  • XF10-24mmF4
  • XF35mmF1.4
  • XF56mmF1.2
  • XF55-200mmF3.5-4.8

次に欲しいレンズはXF60mmF2.4、XF23mmF1.4、XF16mmF1.4のいずれか。

最有力候補はXF60mmF2.4。マクロレンズだから。

もともと僕はRICOH GXR+A12-50mmユニットが大好きで今も持っています。7cmマクロは驚異。しかし、Xシリーズでマクロは持っていないんですよ。花の写真やテーブルフォトが大好きなのに。XF35mmF1.4でもできるっちゃできるんですけどね。

XF60mmは初期に発売されたレンズです。AFが遅いと噂もありますが、X-H1になってAF速度・精度も上がっているし問題ないでしょう。そもそもとして、A12-50mmユニットのAF(のゆったりさ)に慣れている者からしたらノンストレスで使える自信があります(笑)

A12-50mmのゆったり「スローカメラ」も好きなので平気平気!

XH1S0061

おわりに

というわけで、X-H1購入を機にほしいものリスト、買うのものリストを更新しました。

ワクワクしますね〜。

XH1S0058

※掲載した写真はX-H1 + XF35mmF1.4で撮影(手ブレ補正機構が素晴らしいw)

ひとつひとつ揃えていきましょう!

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト/プロフィール撮影(Photo Session)
★詳細:Photo Shooting

撮影予約可能日

【関西エリア】
・3月1日(金)〜21日(木)
・4月21日(日)〜

【関東エリア】
・3月23日(土)〜4月16日(火)

申し込みフォーム

★ポートレイト/プロフィール撮影を依頼する
★Photo Shootingを依頼する

ピンときた方、まずはお問い合わせください。お待ちしています!
  • コピー

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「メニュー/料金/予約」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

販売:Photo Sales

A3ノビ〜A4程度のサイズの額装販売および、壁紙などの写真データの販売。ご自宅やコミニュティスペースに飾り、癒しになれば嬉しい。