SIGMA fpはRICOH GXRの使い勝手を現代で実現するカメラではないか?という予感

2012年に購入したRICOH GXR。50mm練習にも使ってきた思い出深いカメラであり、とても大好きなカメラ。過去、好きすぎると書いてきたくらい。

でも、2019年夏、すこしずつ挙動が怪しくなってきた。電源をONにしてもすぐ動かない。描画能力が色あせることはないけれどハードの経年劣化は否めないよね。

GXRは壊れたらもう替えのきかないカメラ。中古市場を探せばあるけれども。

そこで「もし小型軽量高画質のGXRを現代のカメラで実現するなら?」を妄想。

結論、僕的にはSIGMA fpが候補になります。

R1008408

SIGMA fpを妄想する

かつて(いい意味で)変態的カメラである「SIGMA DP1 Merrill」を使っていた僕は、使わなくなったとしても自然とSIGMAさんの情報に目がゆきます。

そんなSIGMAさんがとてつもなく熱いカメラを発表しました。そう、「SIGMA fp」を!

SIGMA fpはボディが小型でソリッドだから、GXR的に使えそうな予感がします。そりゃもうひしひしとします(笑)

これに「45mm F2.8 DG DN」をつければ、小型軽量高画質のカメラができあがるじゃん!

めちゃんこ高いでしょうが、ライカのレンズを使えば本当に小型カメラが実現します(この場合はMFなのかな?)

もちろん、Artレンズ「50mm F1.4 DG HSM」も使ってみたい。ただ、光学性能はすごいのでしょうが、大きいので「GXR的に見る」とNGではありますね。

それから、かつてMerrillを使い、店頭でdp Quattro、sd Quattorを触ってきて感じるのは、カメラとして使いやすくなってきていること。fpはもっと進化しているでしょうね。

R1008419

おわりに

趣味で撮るときも仕事で撮るときも、今ある機材でカバーできているので、最近はカメラ欲が実はあまりないんです。でも、この妄想記事を書いていたら、fpが俄然欲しくなってきちゃいました(笑)

このfpはSONYのセンサーだそうですね。フルサイズのFoveonが載るのは来年以降でしょう。そうしたら「真なる高画質」の到来です。妄想は止まりません!

というわけで、小型軽量高画質のGXRを現代のカメラで実現するなら僕的にはfpは候補となります。

R1008407

※記事内の写真はすべてGXR A12-50mmで撮ったものです

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西にいます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・2019年秋頃を予定しています。

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「撮影サービス」からどうぞ。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。