RICOH GRにゴミが混入してしまって以来、気軽に持ちはこべるカメラがないな〜と思っていたらありました。「RICOH GXR with A12-50mmレンズユニット」です。

僕は以前、「このカメラが好きだ!」と吠えていたくらい大好きなカメラです。

今回「も」GXRを使ってみて感じた「やっぱりいいな〜」という気持ちを綴ります。僕がどこを愛しているかというお話。

 

R1007546-2

 

※掲載している写真はA12-50mmレンズユニットで撮影し、LightroomでVSCO film 06を使い、自分なりの素敵感も表現したものです。

 

[adSensecode]

 

ステキポイント

(1)小型・軽量

GRよりは大きいし重いですが、気軽に持ち運べます。5年以上持ち運びしていますが問題なし。

以前、ホワイトバランスに難ありか?と感じたこともありましたが、おそらく背面液晶の経年劣化だと思います(リンク先の記事に追記しました)。

カメラの構造的にレンズ部分が凸っているのでHoldingしやすいです。加えてGXRはレンズシャッター。ゆえに、GXRはブレにくいカメラと言えます。

これはカメラブレと手振れが最小限に抑えられるという意味。だから、シャッタースピードを遅くしやすいので、水が流れるような写真も三脚なしで撮影できます。もちろん練習は必要ですし、限度はあります。

 

R1007556-2

 

(2)高画質

さすがにローパスレスのX-T1やGRで撮った写真と比べると厳しい部分はありますが、それでも画質はとてもいいですね。階調が豊か。特に近いモノを撮ると素晴らしいって感じます。マクロレンズだしね。

 

R1007557-2

 

(3)寄れる50mmレンズ

A12-50mmレンズユニットは、レンズ先から7cmまで接写できます。花や木々、料理や人物などの「そこだ!」というポイントを、ぐぐ〜っと近づいて撮影できます。いい写真になるんだなこれが。

それから程よいボケ感もいいんですよ。丸ボケとか最高です。

 

R1007599-2

 

イマイチポイント

修理から返ってきたGRを使った第一声はこれ。

「オートフォーカス速っ!」

そうなんです。A12-50mmレンズユニットはフォーカスが遅いのです。でも、そこは何をどう撮るかにもよりますし、遅いことを加味して使いこなせばいいことです。

  • 被写体を事前に予測しながら撮影する、というスタイルを楽しむ
  • ゆっくりと撮影を楽しむスローフォト、というスタイルを楽しむ

などね。

僕は圧倒的後者です。前者の場合はGRやX-T1を使います。スナップシューターのGRはさすがに速いですね。

 

R1007576

 

おわりに

久しぶりに使ってみるとやはりいい。GXR with A12-50mmレンズユニットは僕好みのカメラです。

 

R1007571

 

EVFはもう壊れて久しいですが、特に無くても困らないですね。液晶の劣化はちょっと困りますが、それでも撮影は出来る。楽しい。

だから、これからも使い続けていく、と改めてそう決めました。

 

R1007606

 

★興味がわいた方はぜひ使ってみてください

のんびり散歩しながら撮る、ということが楽しめます。

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします