コメダ珈琲に行ったらチョコフェア真っ最中。暦を確認すると2月。バレンタインですね。

しかも、2月14日は通常のクロノワール(¥600)がミニクロノワール料金(¥400)で食べられる日だとか!僕と同じくチョコ好きな人は行くべしです。

と、そんなことより冒頭の写真です。

相変わらずマクロ性能が素晴らしいので、GXR LOVEな気持ちをお届けします。

 

[adSensecode]

 

RICOH GXR A12-50mmユニットのマクロ性能がすばらしい

R1007859

 

販売終了になってからも使い続けているRICOH GXR A12-50mmユニット。これのレンズ性能はすごいです。今回はマクロの話。

 

基本性能は最近のカメラに劣ります。世代が違うから仕方ありません。でも、そのレンズ性能があるからこそ、まだまだ使いたいカメラ。

スイーツやパンなどの料理をマクロで撮ると楽しい

R1007860

 

コメダ珈琲に行ったこの日、GXRをひさしぶりに使ったこと、チョコ大好きな僕がミニクロノワールを目の前にして単純にテンションが高かったこと。

この2つの要素のおかげでバイアスがかかっているかもしれませんが、料理を撮るときにA12-50mmはすごーく便利だって感動したんです。

 

R1007862

 

  • 7cmマクロ(レンズ先端から7cmまで寄れる)
  • 最大撮影倍率0.5のハーフマクロ(う〜んと、割と大きく撮れると思っていただければ)

この仕様の賜物でしょう。

MFに切り替えれば、意図的に丸Bokehも作りやすいです。

おわりに

R1007855

 

被写体に寄れる。綺麗に撮れる。

うん、やっぱ僕はGXRがすごい好き。

X-T1やGRを使っているとAFの遅さに苦笑しちゃいますけどね(笑)

 

R1007857

 

だからこそ、GXR A12-50mmはスローカメラ。

ゆっくりと被写体と対峙し、ゆっくりと核心を撮る。そんなカメラです。

壊れたら中古を手に入れる、とまで思えるカメラです

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします