明日、2016年7月3日から新しいトコで新しいコトを始めます。

ということを考えたときに心の癖が出てきました。だからこそわかったこともあるんです。そう、「これから」のことを決めるのに過去なんか関係ない、ってことがね。

※トコ・コトについてはこちら。

 

DSCF5886

 

新しいトコ、新しいコトが始まるからドキドキします。ただ、ドキドキはするけど、これまでが「そう」だったように、これまでにない環境に踏み込むから僕は不安になるんです。今という環境が変わることへの恐れ。

表現するならば、ワクワクよりもハラハラやソワソワ。困ったもんです。

でもね、僕は思うんです。

たしかに「いままで」は「そう」だったから、「そう」感じてしまうのかもしれないね、と。それはそれで仕方ないよね、と。

 

DSCF5891

 

その上でね、自分の内面を見てきたり、心のお稽古を続けてきた僕はこう思い直せたんです。

時間って未来から過去に向かって流れています。というより、本来は流れなんてないものだと僕は思う。だから、時間をどう捉えるかは個人によって千差万別。

つまり、「いままで(過去)」が「そう」だったからと、「これから(未来)」も「そう」であるとは限らないってこと。

ハラハラやソワソワを選ぶのか、ワクワクを選ぶのかは「いま(現在)」の自分次第なのだ、ってこと。

「いま(現在)」の自分は何だって選べるし、その選択に過去がどうであったかは関係ないのよね。もっといえば、「これから(未来)」において、過去は関係ないし、他者も外部の環境も関係ないんですよ。

もしその”せい”にしているなら、ただの言い訳です。

 

DSCF5893

 

では、過去が関係ないなら過去を見るのは意味のないことなのか?というとそうではなくて、見たっていいのですよ。

例えば、

に書いたように、「いま(現在)」の自分にあるものを見つけるときなど。こうなってくると過去「も」見るでしょ?自分にあるものを挙げていくのは楽しいですよ。

 

DSCF5896

 

おわりに

不安というものは未知に対して生まれます。未来に起こることがわからないから生まれます。でも、実際に踏み込んでしまえばドォってことないのがほとんどなんです(笑)

だからこそ、今の自分がどうしたいかを感じて、ワクワクする方を僕は選んでいこうと思う。

DSCF5897 

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします