勇気がコンセプトの結婚式に参加したことで、いまの自分には「ある」ということを思い出した

2016年春、僕は友人の結婚式に参加するため、原宿にいました。

新郎新婦ともにお友達の結婚式って実は初めて。とはいえ、新婦さんとは直接会ってお話ししたことはなく、お互いFacebookで繋がっていてなんとなく知っている間柄。「結婚式で初めて声聞いた!」ってお互いに思っていたはず(笑)

 

DSCF6640

 

そんなふたりが運営しているブログがあります。

▶︎参考:勇気に咲く花:ちっぽけな勇気を胸に進む夫婦のブログ

 

福本 佳大さんと福本 愛さんが二人三脚で楽しんでいます。また、6月現在、結婚式で僕が撮った写真をそこかしこに使ってくれています。嬉しいね〜。

以降、ふたりのことは福ちゃん、愛ちゃんと呼称します。

 

[adSensecode]

 

コンセプトの「勇気」、いただきました

結婚式のコンセプトは「勇気に咲く花」とのこと。本人たちはこのように言ってます。

 

結婚式のコンセプト「勇気に咲く花」は自分たちの人生のコンセプト。

 

いいよね〜。もともと福ちゃんとは立花 岳志さんのセミナーで初めて会いました。・・・って、あれ?「コツコツ座談会」だっけ?

さておき。

そして、福ちゃんも愛ちゃんもこれまでのお仕事を辞めて、自分たちの心にそって進むことを選択しました。僕と同じ。福ちゃんは「そういうこと」が当たり前の仲間の一人なので、式に招待される人も「そういうこと」の仲間。

 

DSCF6792

 

そんなこともあって、参加して僕の心はとても温かくなったわけ。コンセプトどおりに「勇気」をもらってきました。

なぜなら、ふたりが結婚式までにたくさんの準備をしてきたのを知ってたし(後述する夢カードなど)、その集大成を目の当たりにしたわけだし、当日もチャレンジ精神溢れることをやっていたし。まさか結婚式でLT(ライトニングトーク)までするとは思ってなかったけど(笑)

 

DSCF6749

 

夢カード

ふたりは結婚式までの間に参加者の夢を聞いて回る、ということをしてきまして僕も聞かれました。

僕の移住前、写真の在り方の師匠、タクマクニヒロさんのマンツーマンワークショップを受けた後でしたね。新宿西口にある鳥元で、酒を交わしながら語り合ったのも懐かしい思い出。

そのとき僕が何を書いたかというとこんなこと。

 

自分が表現できることや生き様をとおして、人に勇気を分けて”やさしい世界”をつくる

 

今もこの願いは持っています。それを「夢カード」に書いて渡したんです。

 

DSCF6773

 

でね、結婚式後にたまたま気づいたんですが、夢カードの裏に福ちゃんからのメッセージが書かれていたんですよ。一部抜粋すると、

 

なむさんがつくる”やさしい世界”は大好きです。なむさんが撮る写真、なむさんがつづるブログなど、”やさしさ”が溢れています。

 

ってね。温かくなるじゃないですか。

 

DSCF6787

 

あれ?夢は実現している?

ここでハッとしたんですよ。

「”やさしさ”が溢れています。」

そう、「います」とメッセージには添えられていました。

僕はそれを「(いつか)叶える」という気持ちで書いたのに「(いま)溢れています」と書いてくれた。これってつまり、もう叶っているってこと。現在進行形で叶え続けているってこと。

 

R0001038

 

僕は「ああ足りない、まだまだだ」って思っていたのに、もう「そう」だったんだってこと。

「そう思った、そう願った、という時点で、もう叶っている」のだね。少なくとも、叶え始めていることは確実なんです。

 

人って「ない」ばかりを見てしまいがちですが、しっかり「ある」んですよね。以前、僕は▼こんなことを書いていたのに忘れていましたよ。

▶︎参考:『「在る」を見る』と気が楽になるよ

 

DSCF6695

 

おわりに

結婚式中にも結婚式後にもなんとも言えない「いい感じ」をくれた福ちゃんと愛ちゃん、ありがとうございます。

末長くお幸せにね。

でも、大丈夫だと確信してます。こんなこと言っているもんね。

▶︎参考:結婚式の写真を見て振り返る!今、思うこと。 | 勇気に咲く花

 

DSCF6632

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします