MacからWindowsにデータを渡すときはMacWinZipperを使おう【文字化け/不要ファイル混入対策】

MacからWindowsにデータを渡すときは「MacWinZipper」を使いましょう。Macを買ったらインストールしておいて良いアプリです。

僕はデータを送る際、対象のフォルダ/ファイルをZIP圧縮したのち、Dropboxなどのストレージサービスを利用します。「リンク共有」を使ってURLを先方にお伝えするだけで完了。簡単。

でも、ZIPデータそのものがイケてない場合は、いかに簡単にできると言っても不充分。受け取る相手が自分と違う環境(とくにWindows)であればなおさらです。

MacからWindowsにデータを渡すときに注意すること

MacからWindowsにデータを渡すときに注意すべきは2点。

  • ファイル名の2バイト文字は文字化けする
  • ファイル名が「.」から始まるMac特有の不可視ファイルまで送ってしまう恐れがある(フォルダごと渡す場合)

注意しないと

  • ファイル名が化けててわかりませ〜ん!(データ自体が壊れているわけではありません)
  • 「.Ds_Store」など見慣れないファイルがあるけど・・・なにこれ!?

と、Macをご存じない方は「???」になります。

なんでこういうことが起こるか?ざっくりいうと「OS環境が違うから」です。

圧縮解凍ツールを使おう

こういうときに役立つアプリが「MacWinZipper」です。

有料版と無料版があります。

無料版は広告が表示されたり便利な機能が省かれていますが、僕の使用用途では充分。もちろん「文字化け」や「不要なファイルの混入」を解決してくれます。また、パスワード付きのZIPもつくれます。

使い方は簡単。アプリを起動したらWindowに対象のファイル/フォルダをDrag&Dropするだけで、文字化けをなくし「.Ds_Store」を削除したZIPファイルが作成されます。

おわりに

世界でどのOSがどの程度使われているのかは知りませんが、いろんな環境が存在するからこそ、OS開発元はユーザがこういうことを意識せずにスムーズにやり取りできるようにしていただけると嬉しいんですけど、なかなかそうはいかないんですよね。

今後、お仕事でデータ授受する機会も増えそうです。気を引き締める意味も込めて、備忘録として記事にしておきました。

Mac初心者さんの参考になれば幸いです。

【追記】2018年から「ZIPANG」に移行しました

App Storeからダウンロードできますが機能制限版だそうです。本家サイトでもFULL版がダウンロードできます。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られることになれてない方の笑顔を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。