Mac用入力支援アプリ「Dash」のスニペット機能を使い始めました

DashはMac用の入力支援アプリです。

開発ドキュメントの参照が主な機能なのかな?でも僕はブログ執筆を高速化するため、「スニペット機能」が使いたくてインストールしました。結果、大満足!

DashはAppStoreでもインストールできるようなのですが、2016年6月現在、日本のStoreではインストールできません。英語圏のStoreからならできますが、英語圏用のアカウントが必要なようで手間がかかります。

でもご安心を。本家サイトからダウンロードできます。

▶︎Dash for macOS – API Documentation Browser, Snippet Manager – Kapeli

 

[adSensecode]

 

スニペットとは‎日本語IMのユーザ辞書のようなものですね。専用のキーワードを入力したら、それに応じた単語や文章に瞬時に変換されます。

これまでユーザ辞書に色々と登録して使ってきましたが、ブログを書くために改行を含む特殊なコードをサクッと入力したくなりましてね。ユーザ辞書では改行を含む単語登録ができないのと、文字数制限があって無理。

そんなとき見つけたのがDashでした。最初、この手のアプリとしては超有名なTextExpanderを使おうとしましたが、月額課金制になってしまったのでなし。無料のDashを使うことにしました。

DSCF5860

現在登録しているのは2つだけです。

「;ads」 → 「自前のアドセンス用ショートコード」+「前後に空白行と全角スペース」
「;sss」 → 「DigiPress専用のスクショ付きのリンク作成用ショートコード」+「前後に空白行と全角スペース」

これだけでも格段に使いやすくなりました。入力の手間を省けますから。

なお、Dashをインストールしただけではスニペット機能が有効になりません。システム環境設定が必要です。

「システム環境設定」 → 「セキュリティとプライバシー」 → 「プライバシー」 → 「アクセシビリティ」の「Dash」にチェック

これでOKです。

DSCF5854

おわりに

これからブログを続けていく中で必要なものはどんどん登録していくことにします。

そうそう、僕は「;」で始まるキーワードにしましたが、キーワードは何でもOK、自由に設定できますよ。

DSCF5852

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします