「Dash for masOS」のスニペット機能をブログに活かす

Dash for macOSはAPIドキュメントブラウザーです。くわえて、コーディング支援のスニペット機能が搭載されています。

開発ドキュメントを参照すること主な機能ですが、ブログ執筆を楽にするスニペット機能が使いたくてインストールしました。有料アプリですが、ありがたいことに購入しなくても使えます。

記事公開当時のバージョンはv3とかv4だったかと思いますが、2020年5月現在はv5です。そのため本文を全面的に更新しました。

スニペット機能

スニペット機能は‎日本語IMのユーザ辞書のようなもの。特定のキーワードを入力したら、登録した単語や文章に変換されます。

macOSのユーザ辞書はとても便利ですが以下の制限があります。

  • 特殊な記号や改行は含められない
  • 文字数がある

なので、Dashは改行や記号を含めた定型文の登録に最適です。開発補助系ツールなので各プログラミング言語に対応したスニペットを登録できますし、ブログに活用するとしたらテーマが設けているショートコードを登録すると便利。

Dashをインストールした当時はDigiPressの有料テーマを使っていて、たとえば以下の文言を登録していました。

  • 「;ads」 → 「自前のアドセンス用ショートコード」+「前後に空白行と全角スペース」
  • 「;sss」 → 「DigiPress専用のスクショ付きのリンク作成用ショートコード」+「前後に空白行と全角スペース」

これだけでも格段に使いやすくなったのを覚えています。

スニペットの登録方法

▼起動したら「Preferences」 → 「Snippets」 → 「Enable snippets」をON

▼すると、Search欄に「Snippets」が現れます。

▼スニペットを新規作成するには「Snippets」をクリック → 「New Snippets」をクリック

▼こんな感じで変換元キーワードと変換後の文章を設定します。

▼「Use」を押して登録完了。登録したスニペットを削除したいときは「Delete」です。

なお、Dashをインストールしただけではスニペット機能が有効になりません。システム環境設定が必要です。

「システム環境設定」 → 「セキュリティとプライバシー」 → 「プライバシー」 → 「アクセシビリティ」の「Dash」にチェックしてください。

おわりに

基本はmacOSのユーザ辞書を使い、カバーできない言葉はDashに登録すると便利。僕は「;」で始まるキーワードにしましたが、キーワードは何でもOK、自由に設定できます。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られることになれてない方の笑顔を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。