ブログが読まれるのはほとんどが検索流入から。 読者が検索し、興味を持ってくれて初めて読んでもらえます。

読むというアクションをしてもらえるには「タイトル」が大切。キャッチーであったり煽りであったり、成功法則はあるかと思いますが、少なくともその人に「お!?」と思ってもらえることが大切。

ということは、ブログを書く人の中では有名な話。

 

そんな折、Knower(s)でイベントの企画を練っていたら、おんせんブックスの店主でもあるKNOWERSスタッフちゃん(当時)に、あるアーティストを教えてもらいました。鈴木康弘さんです。

▶︎Web site : Yasuhiro Suzuki
▶︎Twitter : ポストされている写真が面白い!

 

鈴木さんは日常で目にするモノを切り取り、それに素敵なタイトルをつけています。Twitterを見てみると非常に面白い。

この記事投稿時点で僕のお気に入りは▼こちら。

 

 

「なるほど!」って思いませんか?

 

モノゴトの視点ってひとつじゃありません。

ちょっと視点を変えるだけで別のモノゴトに見えます。コーヒーカップだって、正面から見るのと側面から見るのとでは形が違いますよね。そんなニュアンス。

でも、頭がカチコチの人だと「答えはこれだ!」みたいに視点はひとつしかない、あるいは、「それ以外にあろうはずがない」と柔軟な発想ができないのです。

「モノゴトにはたくさんの可能性がつまっている」という意識で見たら、新しい発見があるかもしれないし、新しい発想につながるかもしれない。そう思いませんか?

 

R0000015

 

でね、タイトルが大切なんだということは、ブログだけでなく写真作品にも言えると思うのね。

例えば、松本城の写真にタイトルをつけるとします。

ストレートに「松本城」とするのはもちろんアリ。でも、写真を見た人に「お!」とか「なるほど!」とか「面白い!」などの情動や「ストーリー」を感じてもらったり、イメージが広がるような効果を与えるには、「タイトルの表現って実はとても大事なんじゃないの?」って思う。

そう気付いてから改めて鈴木さんのTwitterを見てみると、ひとつひとつが本当に参考になるんです。ビビビッてインスピレーションを受ける。

 

R0000016

 

と、こうしてインスピレーションを受けてテンションが上がったので、これから写真を撮るときには「タイトルも作品のひとつなんだ」という意識でいってみる。どんなタイトルにしようかと考えながら撮影してみます。

 

発想力の筋トレですね。

 

また、今後のイベントで「日常を切り取って面白いタイトルをつける」というフォトウォークをやってみてもいいな〜って思うのね。このときはスマホオンリーのイベントになるかな。すぐシェアできますから。

うん、なんだか楽しそうだぞ!

 

R0000018

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします