才能を自覚する方法

あなたが

  • 当たり前のように「やれちゃう」こと
  • 鼻歌交じりに「やれちゃう」こと
  • 普通に「やれちゃう」こと

もうこれだけで「すごい才能」です。

僕なら「写真を撮る」「写真を調整する」が当たり前のようにやれちゃうことです。

【撮る → Macに取り込む → Lightroom or Photosで調整する → 公開する】

▲は写真を生業とする前から続けてきた才能のひとつ。あまりにも自然にやっていることだから、自分でも「あれ、これか?」と一瞬わからなくなったほど。

「SNSが流行っている今、写真なんて誰しもやっているじゃん」と思うかもしれない。でも、他の人は関係ありません。自分の才能を自覚することが目的なのだから、あなたが当たり前にやれていることにフォーカスしちゃいましょう。

相方さんが撮った僕1

ちょっと話はそれますが、「いい写真」と「”いいね”な写真」は違います。

結局何が言いたいかというと・・・
表現分野における”良い”というのは相対的な概念で、絶対的な良い悪いはありえないので、他人の表現に口出しするのは野暮だと思います、ということです

https://note.com/kzhrknt/n/ne124b769399e

僕らは相対的にモノゴトを見てしまいます。ジャッジしてしまいます。多くの人は他人と自分を比べちゃいます。

でも、あなたはあなたなのです。

これは絶対的なモノゴトだと僕は思います。

だから

「自分のセンス」を自分がとことん信じてあげよう。
「自分の表現」を自分がとことん褒めてあげよう。

相方さんが撮った僕2

さて、才能を自覚する上で大切な考え方の話。▼以下はほぼ間違いなく才能(+好きなこと)でしょう。

  • いつもやりたいと思えること/やっていること
  • いつもそのことだけを考えているとワクワクすること

けれども、勘違いしちゃいけないのは、人間飽きることもあるから四六時中「やりたい」ことじゃないからって「才能じゃないのかも・・・」と思いつめなくていいってことです。

人それぞれです。飽きっぽい人はたくさんいるもの。

写真家だからって、いつもカメラを持ち歩いていると思わないでくださいね(笑)

最後に問いかけます。

あなたに

  • 当たり前のように「やれちゃう」こと
  • 鼻歌交じりに「やれちゃう」こと
  • 普通に「やれちゃう」こと

はありますか?

この問いからご自分の才能を自覚してみたり、「たぶんこれじゃね?」と決めつけたっていいです。さらにはもっと奥にある才能の源泉(ワクワクすることなど)を探してもいいんじゃないかな。

そうそう、世間一般的な正解はありませんよ。自分の中から出てきたことが正解です。高尚なものでなくたって全然いいのです。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られることになれてない方の笑顔を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。