IMG_2485

僕が住んでいるところから2.5kmほど先にショッピングモールがあります。スーパー、ホームセンター、TSUTAYA、モスバーガーやコメダ等の飲食店、他にシャトレーゼもあったな、などがチラホラ集まっています。

先日、食材の買い出しに歩いて行ってみたんです。こちらは車社会といえど、2.5kmでしたら充分徒歩圏内。

でね、ときは夕刻、川っぺリを歩いていたら、込み上げてくるものがあったんですよ。

[adSensecode]

僕はこういう何気ないところを歩きたくて移住したんだな

GR000682

移住理由のひとつです。

このエントリーに掲載している写真のようなところを、僕はのんびり歩いて「生きて」みたかったんです。

  • 遠くに見える山の稜線
  • 日が落ちる瞬間の空のグラデーション
  • 空がひらけている

などなど、これがいーのよ!

ここで僕が言ってる「生きる」とは、自分の仕事をする、料理を作るために買い出しするなど本当にふつうの生活のこと。

GR000690

地元民や他の人からは「はぁ!?」と言われるかもしれないし、そもそも僕の地元、神奈川にだってこういう情緒溢れる景色はいっぱいあります。ぶっちゃけ、トワイライトタイムだったら、どこだって情緒的になりますし。

でもね、なんかココがいーんですよ。

GR000694

なぜ信州なの?

って聞かれても「なんとなく感性に響いたから」くらいですよ。そんなもんでいーんですよ。

僕の想いを伝えようとすると、Aboutに書いてあることになりますが、カンタンにいうと「なんとなく響いたから」なんだよね。そして、僕は信州でこんな景色を求めていた。(もちろん他にも求めている景色はあります)

おわりに

GR000693

買い物の帰り道、こんなことが込み上げてきましたよ、ってお話でした。

実はね、この込み上げてきたモノって、引越ししたてのころはすっかり忘れていてですね、本当にこの瞬間になって思い出したんです。引越も落ち着いて、ようやく周りを見る余裕が出てきたってことなんでしょう。

GR000696

とにかく、移住して良かったな、と、そんなことをぼんやりと感じた夕刻でした。

夕刻の景色を感じられる本の紹介

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします