夕暮れの松本をお散歩して過ごす秋【日記 2017.10.09】

GR032198

 

10月3連休最終日の午後、やるべきことや、やりたいことがあったけど、ゆるっとしたくて松本の街をお散歩。

ひさしぶりに2つのことをしてきたよ。

FIFTY-ONE COFFEEでコーヒー豆を買う

51 Coffeeさんでコーヒー豆を買いました。

▶︎参考:FIFTY-ONE COFFEE(長野県松本市) トップページ

 

豆はいつもと同じ「淡麗松本城ブレンド」、僕は酸味の弱いコーヒーが好き。

 

IMG_2058

 

この時期、僕はだいたいお湯を飲んでいます。でも、秋が深まるにつれて、お湯以外の温かい飲み物が恋しくなってきちゃったからコーヒー豆導入。

お店のマスターは、横浜でもよく行く「南蛮屋珈琲」も参考にされているようで、豆ごとに「コク」や「酸味」などの成分表を見やすくしてくれてます。

 

GR032205

 

試飲もできます。今日はハロウィンブレンドをいただきました。成分表には「淡麗松本城ブレンド」よりコクが弱いとある。「うん、たぶん弱いね」という感想、という名の勘(笑)

 

IMG_2056

 

マスターと珈琲談義をしようとしたところ、別のお客さんが来たので失礼することに。

 

[adSensecode]

 

深志神社でアファメーション(改)

51 Coffeeさんのすぐ近くにある深志神社。

▶︎参考:信州松本 天神 深志神社

 

今年の2月くらいから春にかけて、僕はよく「祈り」のために通っていました。神聖な場所でそういうことをしたかったんです。人のための祈りではあったけど、究極は自分のためなんだけどね。

 

IMG_2060

 

具体的にはアファメーションをしていました。「〜〜ができた!」「〜〜になってよかった!」のように完了形で祈るのがポイント。心の中でしたり囁いたり。

春からのことを振り返るに、幸いも僕の想いが宇宙に伝わったのか、好ましい現実が引き寄せられて来たなぁと感じています。(はい、スピってますよ)

 

GR032203

 

とはいえ、本日はアファメーションはしていません。お礼を伝えました。「今いい感じなんだよね、ありがとう」みたいなことを心の中で。

 

GR032201

 

ちなみに、神社ルールの「二礼二拍一礼」はやらず、LPLで学んだ「ハート瞑想」のポーズでやりました(僕は胸の前で手を組むポーズが好き)。

いいんですよ、こういうのは自由にやったって、と僕は思ってる。祈りは自分のためだから。

 

GR032204

 

おわりに

この後はいつものアンゼリカさんに寄って、女将さんと談笑しつつパンを買ったり。

 

IMG_2063

 

MARUZENでMdNやWeb系の技術書をチラ見して、ダイソー(撮影用の秘密兵器を作るため)に立ち寄って、今ブログを書いているわけです。

 

IMG_2061

 

うん、ゆるっとできた。

 

という時に、以前ポートレイト撮影したお客さん(お友達)の撮影レポートがFacebookにあがっていました。

▶︎参考:自己肯定感を高める方法の一つ。プロの写真家に自分の写真を撮ってもらおう。 | たまにはゆるゆる暮らし

 

こんなこと言うてくれてました。チョ〜嬉しい!ニヤニヤしちゃう。

(1)でもある時、とあるフォトグラファーさんの撮影する人物写真が、みんないきいき、キラキラと輝いていて。それぞれ、その人らしさが表れていて。ああ、この方に撮ってもらいたい!と感じたのです。

(2)確かにカメラはこちらに向けられていたけれど、「撮られている感」がまったくないのです。自然な表情をすくい取ってくれました。

(3)実は、この写真撮影を通じて、フォトグラファーの花村さんのあり方、人生観を感じるのが心地よかったのです。

 

そうなんです。僕の撮影は自己肯定感がアップする撮影になることが本当に多いんですよ。冗談ではなくてね。

 

というわけで、お散歩してゆるっとできたし、この記事を読んで元気も出ました。たまにはMUSTやWANTから離れてゆるっとすることを優先してもいいんだなぁと思いました。

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします