RICOH GRユーザによる、GRユーザのための写真ワークショップやりました!〜【開催レポート前編】伝えたこと〜

5月/6月のフォトセッション受付中!

松本と横浜を中心とした地域で撮影します。あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気で、あなたのステキを撮らせてくださいな。

 

R0000722

東京麻布十番でGRユーザに特化した写真ワークショップを開催しました。

参加者の皆さんにも喜んでもらえてホッとするとともに、楽しさと難しさを感じたイベントになりました。

 
スポンサーリンク

<RICOH GRユーザによる、GRユーザのための写真ワークショップやりました!〜【開催レポート前編】伝えたこと〜>

ワークショップの流れ

ワークショップの詳細はこちら。

[ss class=”alignleft” rel=”nofollow” width=”170″ url=”http://nnamm.com/?p=479″ title=”2/20(土)に東京で「RICOH GRユーザによる、GRユーザのための写真ワークショップ」を開催します!”]

ワークショップの流れはこちら。

  1. 撮影の心構え
  2. 撮影テクニカル(写真の基礎、GRの設定など)
  3. GRの作例紹介
  4. 質疑応答
  5. フォトウォーク

僕は構図にこだわるよりも先に大切なことがあると思っています。それは、

  • 自分が撮りたいものをハッキリさせること
  • 自分の感性の種に気づくこと

それを「心構え」としてお伝えしました。各自で手を動してもらうワークを交えてね。もちろん構図も大切ですから、座学では構図のことも伝えましたよ。

座学や質疑応答によるインプットを終えたらアウトプットです。実践することで身につくわけですね。

今回はランチがてら六本木のビルをフォトウォークしました。惜しむらくは天候が雨だったこと・・・。

R0000725

伝えたいことは伝えられました

「心構え」についてはけっこう目からウロコだったご様子。

たいてい構図から入ってしまいがちですが、それでは撮影者が本当に伝えたいことを伝えられる写真にはなりにくい、と僕は思う。

なぜ撮るのか?なにを撮るのか?がハッキリしていると写真に力が宿ります。

写真は(自己)表現ですから、撮るときの心構えの方が大切なんです。その上でGRを使いこなせるテクニックを知っておけば、自分の撮りたいものを思い通りに撮れるようになります。

 

テクニックにおいては、GRの各種メニューのことから、ブラさない撮り方、僕の撮影スタイルなどをお伝えしました。

例えば、GRは小さいことがウリですから、あ〜んな体勢やこ〜んな体勢で撮ったっていいのです、みたいなこと。

こうやってね、僕が撮っている姿をパクれるのも一緒にフォトウォークやる醍醐味かな〜と思うわけです。

 

結果的にコツは掴んでくれたようなので、あとはコツコツと練習を積み重ねていけば上達していくと思います。

R0000729

おわりに

いや〜、ワークショップやってから改めて思うのですが、やって良かった!ということ。

詳しくは後編に書きますが、自分の得意を伝える楽しさもありましたし、難しさもありました。そういのをひっくるめて、やって良かったですね。

R0000732

ワークショップの次回予告

次の開催は2016年5月の休日開催を検討しています。場所は同じく麻布十番です。

GRを買ったけど使いこなせていない方、もっと写真がうまくなりたい方、ご都合がつくようでしたら参加していただけると嬉しいです。

また、今回はGRユーザ向けに特化したワークショップとしましたが、GR向けのコンテンツを省いたコースも開催する予定です。同じくご検討くださいませ〜。

参加者の方がレポートを書いてくださいましたよ!

[ss class=”alignleft” rel=”nofollow” width=”170″ url=”http://anahideo.com/ricoh-gr-160222/” title=”リコー GR | 初心者なのにGR買っちゃった人におすすめのセミナー受けてきた! : Fu/真面目に生きる”]

ピース姿はぎこちないですが、ぶっちゃけ僕は教えるの得意です(笑)

【空気感フォトグラファーからのお知らせ】

(1)5月/6月の撮影依頼受付中!

松本と横浜を中心とした地域でプロフィール/ポートレイト撮影します。

あなたのお気に入りの場所で、あなたが自然に振舞っているような雰囲気を僕が引き出します。あなたのステキを撮らせてください。

(2)あなたのステキをそっとすくい撮ります!

WebやSNSに顔写真を公開するのがなんだか恥ずかしい。けれどエイっと勇気を出して公開したい!今の自分を見せたい!あるいは実は撮られたかったんです。という方々、そのサポートを僕にやらせてくださいな。

僕なら、あなたが気がつかないときに、あなたのステキをそっとすくい撮ります。だから大丈夫。

詳しくはこちらからどうぞ!

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!