開業届を提出!個人事業主になりました!

僕が会社を辞めたのは2015年1月末。それから現在まで1年以上もの間はワケあって開業届は出していませんでした。

でも、4月を迎えて新年度になったことを機に、やっとこさ松本税務署に開業届を出してきましたよ!平成28年4月1日から長野県松本市で個人事業主です。

これから真のスタート

これで名実ともに「写真家(等々云々)」としてスタートです。

用紙の職業欄には「写真家」と書きましたが、「等々云々」と上に書いたように、写真だけではない人生をやっていくつもりです。あくまで主軸が写真ってだけ。だから「等々云々」なのです。ま、これは僕なりのこだわりでしかありませんけどね。

それにしても、開業届って5秒くらいで手続きが終わってしまうもんなんですね。あっけなさすぎです。

開業届に必要なもの

今回、僕が個人事業主となるために準備した書類は以下の通り。

  1. 個人事業の開業・廃業等届出書
  2. 所得税の青色申告承認申請書
  3. 事業開始申告書

1と2は国税庁のサイトから、3は各都道府県の県庁のサイトからダウンロードできると思います。それぞれのリンクはこちら。
国税庁:個人事業の開業・廃業等届出書
国税庁:所得税の青色申告承認申請書
長野県庁:事業開始申告書

最初、1と2だけ出せばいいのかと思っていたら、個人事業税なるものがあって3も必要になります。

事業税は「県内に事務所、事業所があり、事業を行う個人」が納税するものだとか。ただし、一定の所得以上(290万円〜)にならない限りは納税する必要はないとのこと。長野県庁の詳しい説明はこちら

ですから、3の提出は年度内にやればい〜んじゃないの、って思ってます。優先度低のタスクだ(笑)

なお、税務署としては1と2があれば良いので、個人事業税のこと(ないし、開業届の際に市や県に提出する書類の有無)を知らない人もいます。僕を担当してくれた方がそうでした。・・・って、それはそれでいいのかな?と思うのですが。

おわりに

開業届の手続きは一瞬で終わりますし、極論を言えば出さなくても良いシロモノです。

でも、やはりこういうことをすることで「覚悟」みたいなものが芽生えますね。そう、開業届は自分の心のスイッチがONになることなんじゃないかな、とは提出した翌日、今この文章を書いている時に思ったわけです。

というわけで、これから個人事業主、写真家 花村貴史をよろしくお願いします!

R0001195

開業届や個人事業税のことで参考にしたサイト

これからお金のことを学ぶときに使える本

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト/プロフィール撮影(Photo Session)
★詳細:Photo Shooting

撮影予約可能日

【関西エリア】
・5月以降しばらく関西にいます。ご依頼お待ちしています!

【関東エリア】
・未定ですがご要望とあれば伺います

申し込みフォーム

★ポートレイト/プロフィール撮影を依頼する
★Photo Shootingを依頼する

ピンときた方、まずはお問い合わせください。お待ちしています!
  • コピー

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「メニュー/料金/予約」からどうぞ。

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

販売:Photo Sales

A3ノビ〜A4程度のサイズの額装販売および、壁紙などの写真データの販売。ご自宅やコミニュティスペースに飾り、癒しになれば嬉しい。