理解できなくてもやりきることはとても大切

先日ひょんな事でぽっかりと時間ができました。

特に仕事で追い立てられるわけでもなく、本当にぽっかりと予定が空いたのね。ただし、荷物を受け取るために自宅からは出られないという条件付きで。

であればと、最近勉強したくてしたくてたまらなかったことを興味の赴くままにやっていきました。

そんな1日を通じてわかったことがあります。

 

[adSensecode]

 

2つの興味のあること

1. Python

Pythonに興味を持ったのはある処理を自動でやらせたかったから。

▶︎参考:松本市のコワーキングスペースKnower(s)でもくもく会をスタートします【Python編】

 

たまたまPythonと出会って「Pythonいいな!」と直感したから学んでいます。こういう直感ってとても大切。

今はあるサービスを作りたくて色々と手を出しています。おそらくリッチに作りあげるにはHTMLやCSSはもちろん、JavaScriptも使えるようになる必要があるだろうなぁ。

でね、サービスを作るならフレームワークが使えると良いのでまずはDjangoに手を出しました。でも、「もっとお手軽なFlaskで経験を積むのも良いよ」と勧められてFlaskにも手を出しました。

今大切なのは、手を動かして知識という点を増やすことだと思うから。どんどん経験して知恵にするために。

2. Blender

主にMotion Graphicsに興味津々。2Dでも3DでもいいしParticleでもいい。そういう幾何学的なものが動くものが作りたい。動くものを作るのはロマンですから。

調べてみるとYouTubeにはその手のチュートリアルが本当に多い。しかもすごく素敵。真似してみたくなる。

 

R4003069_lightroom

 

この日にやった2つのこと

  1. Flaskのチュートリアル → http://flask.pocoo.org
  2. BlenderのParticleを自分なりにあれこれする → https://www.blender.org

主にこの2つですけど、他にもいろいろと、本当に気の赴くままにやりました。おかげでちょ〜充実しました!

1. Flaskのチュートリアル

全て英語で書かれていますが、比較的やさしい英語でわかりやすかったですね。Google翻訳はもちろん使います。

Flaskに限らず僕は技術的に知らないことが多く、理解できないこともありました。でもやりきることが大切なのでね、やりきりましたよ。

2. BlenderのParticle

すごーいって感動した映像がこちら。

 

 

blendファイルまで配布している太っ腹さんだったのでありがたくダウンロードさせてもらいましたが、いやいや重い、処理が重い(笑)。Blender内で再生しても全然表示されない。

同じことをやるには手間がかかりそうだったので、まずはBlenderのParticle機能をあれこれいじってみることに。できたのが▼こちら。おもしろい。

 

 

わかった7つのこと

  1. どんな技術も基礎をしっかり鍛えておかないと先に進めない、というか理解できない。
  2. 基礎力向上にはコツコツと反復。焦らずに進むこと。
  3. 他の技術にも手を出すのが良い。(知識の「点」を増やす、線や面にする(=知恵にする)のはそれから)
  4. プログラミングについては、そもそもの基礎すら僕には知らないことだらけ(撮影や現像のようにすんなり行かない、イメージ通りのことができない、知識が結びつかない、悔しい)
  5. Flaskはめっちゃお手軽。次はFlaskで自分の考える処理をさせてみよう。
  6. 「1.」についてはその通りですが、理解できなくてもやりきるのはとても大切。
  7. CGやるとiMac5kかWindowsマシンが欲しくなります。Macbook Proでレンダリングするとファンがうなり続けて心臓に悪いです。

 

R4003071_lightroom

 

理解できなくてもやりきるのはとても大切

理解できないと先に進むのが億劫になります。僕がそうでした。変に完璧主義者。英語がわからないと眠くなるし(笑)。でもね、1度に全部を理解しようとするのは無理なこと。

1回で見聞きしたことを覚え、さらには使えるようになるってそりゃ無理ですよ。超人ですか!?

全部理解なんてできないんだから、できるようになるまでコツコツと反復していけばいい。僕はそう気づけた。そうやって開き直れば気が楽になります。

その上でひとまずやりきる。

 

やりきるとね、モノゴトの全体像がぼんやりと見え始めます。

 

「あれってこいうことかな」ということに気付きやすい。少しずつ繋がっていく感覚になります。これが成長なのでしょう。僕はすごく納得できました。

 

R4003073_lightroom

 

たまには1日中引きこもって興味の赴くまま知らない世界を歩くのも楽しいもんです。

(レンダリングマシンにMac miniが欲しい・・・)

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト/プロフィール撮影(Photo Session)
★詳細:Photo Shooting

撮影予約可能日

【関西エリア】
・4月、5月としばらく関西にいます。ご依頼お待ちしています!

【関東エリア】
・未定ですがご要望とあれば伺います

申し込みフォーム

★ポートレイト/プロフィール撮影を依頼する
★Photo Shootingを依頼する

ピンときた方、まずはお問い合わせください。お待ちしています!
  • コピー

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「メニュー/料金/予約」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

販売:Photo Sales

A3ノビ〜A4程度のサイズの額装販売および、壁紙などの写真データの販売。ご自宅やコミニュティスペースに飾り、癒しになれば嬉しい。