DSCF0363

 

ひょんなことからWebサイト制作のお話をいただきました。

その現実を感じているとき、昔の「想い」がよみがったのね。昔を振り返って「イマココ」を見ると、まさにプロセスは正しいんだなぁと思えました。

 

「想い」、それは2003年、某航空会社系のIT企業にいた時。サラリーマンになって3年が経った頃かな、僕ね、Webデザイナーになりたかったんだよね。

HTML/CSSがなんかオモロイと感じていたし、Webで自己表現をしている人が出てきていて、僕も「やりたい」がベースのワクワクエンジンがあった。

でもやらなかった。妖怪「でも・・・だって・・・」が出てきたから。

 

[adSensecode]

 

今のようにフリーランスになる勇気はもとより、その手の企業に転職する勇気もなかった。実務経験がない、というDoingやHavingがないことからくる恐れでね。

結局、某航空会社系企業から別のIT企業に転職し、2015年からフリー、2016年から本格的に写真のお仕事をしています。

 

DSCF0361

 

でね、2003〜今年(2017年)までの14年間、僕は「写真」「ブログ」「お客さん相手の商売」「心理学(カウンセラー、セラピー)」をコツコツとやってきているんです。

PhotoshopやWordPress、Pythonに触れてきた。今、Web技術はいろんなものがあり、なんだかワクワクもしてる。すごく難しそうだけど(笑)

移住した松本ではその手のエンジニアと友達になれた。その友達には「Webサイトは自身のエゴを押し付けるものではなく、自身のことを伝えるツールである」ことを教えてもらった。

そして、そもそも人にどう寄り添っていきたいのか、ということも自覚できた。

ということを振り返るに

 

あぁ「それ」は「今」なんだなと思ったね。

 

なんとまぁ14年越し(笑)

 

DSCF0362

 

今ならわかる。

もしもの話でしかないけど、仮に2003年からWeb業界に入ったとしたら、言われたことを言われたまま作るだけの人になっていた可能性はある。今の僕のように、自分ができるナニカで人の想いを伝えたいとは思えなかったかもしれない。

 

だからこそ、「今」なんだと思う。

 

そう、全てのプロセスに意味はあって繋がっている。すべては偶然ではなく必然なのだとしみじみ感じてる今日この頃です。

14年越しのWeb制作のお仕事。頑張ってやっていきます。

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします