人生の一瞬一瞬がプロセスの連続で、そのプロセスは正しい

ひょんなことからWebサイト制作のお話をいただきました。

その現実を感じているとき、昔の気持ちがよみがってきたんですね。昔を振り返って「イマココ」を見ると、まさにプロセスは正しいんだなと思えました。

気持ち、それは2003年の某航空会社系IT企業にいたときのこと。サラリーマンになって3年が経った頃かな。僕、Webデザイナーになりたかったんです。HTML/CSSが面白いと感じていましたし、Webで自己表現をしている人が出てきていて、僕も「やりたい」と思っていました。

でもやりませんでした。「でも・・・だって・・・」というブレーキが出てきたから。

今のようにフリーランスになる勇気はもとより、その手の企業に転職する勇気もなかった。実務経験がない、というDoing(経験)やHaving(スキル)がないことからくる恐れ、自信のなさで。

結局、某航空会社系企業から別のIT企業に転職したものの、モヤモヤは募るばかりです。でも、多くの助力があり「エイヤ!」とバンジージャンプを飛び降りるかの如く、会社員をやめられて2015年からフリーに転身。

2016年からは本格的に写真のお仕事をしています。

振り返るに、2003〜今年(2017年)までの14年間、僕は「写真」「ブログ」「お客さん相手の商売」「心理学」をコツコツとやってきてるんですよね。

PhotoshopやWordPress、Pythonに触れてきた。今、Web技術はいろんなものがあり、知りたいことがたくさんあってワクワクしてる。移住した松本ではその手のエンジニアと友達になれた。その友達には「Webサイトは自身のエゴを押し付けるものではなく、自身のことを伝えるツールである」ことを教えてもらった。

そして、そもそも人にどう寄り添っていきたいのか、ということも僕は自覚できた。

そう、あのときとは違って今はBeing(気持ち)もDoing(経験)もHaving(スキル)もあるんです。

ここではたと気づきます。

今やりたいことできてるじゃん!?

ってね。14年かかったけど今やれているじゃん。

今ならわかります。

もしもの話でしかないけれど、仮に2003年からWeb業界に入ったとしたら、言われたことを言われたまま作るだけの人になっていた可能性はあります。今の僕のように、自分ができることで人の気持ちを伝えたいとは思えなかったかもしれない。

だからこそ、「今」なんだと思う。

すべてのプロセスに意味はあって繋がっています。すべては偶然ではなく必然なのだとしみじみ感じてる今日この頃です。

14年越しのWeb制作のお仕事。頑張ってやっていきます。

2020年6月2日追記

最終的にこのときのお仕事は大変にがい思い出となりました。でも、3年経って「これはこれで経験だ〜ね」と思えるようになったかな。おかげで「やりたいこと」がより明確になりましたね。だから今はエンジニアに復帰し、写真も続けています。ただ、Web制作はやっていません。

どんなプロセス(経験)であれ、渦中は苦しいこともあります。でも、後々になって「これが契機だった」と思えることも多いです。・・・思えないこともあるけどね(笑)

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られることになれてない方の笑顔を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。