vf_DSCF8669

 

松本で僕がよく行くパン屋さんのひとつアンゼリカさんがあります。うまいんだなこれが。でね、ここの女将さんにオススメのコーヒー屋さんを紹介されたので行ってきました。

クラフトビールと自家焙煎のスペシャルティーコーヒーが飲める「HOT FROG CAFE」に。

▶︎参考:HOP FROG CAFE craft brew – クラフトビールと自家焙煎スペシャルティーコーヒー
▶︎参考:Facebook page

 

冷めても味が変わらないコーヒーがすごい

vf_DSCF8673

 

コーヒー豆はオーガニック。ブレンドはなくストレート。それをかなり浅煎りにしているそうです。

だからこそ、豆本来の味と香りが楽しめるとか。最初口にしたとき僕はほうじ茶かと思ったほどでした。すーっと飲める。コーヒーのいわゆる「(ごくん)んん!・・・ハァ〜」みたいな苦くコクのある味でなはくとてもあっさり。

こういうコーヒーもあるんだなと衝撃。僕は好き。

 

vf_DSCF8677

 

でね、いわゆる普通のコーヒーは冷めると味が変わってしまうものですが、FLOGさんのコーヒーはそんなことなくて冷めてもずっと同じ味。変化はしているのでしょうけど、そのすべてのグラデーションが楽しめる味でした。これはびっくり。

今回飲んだ豆はほぼ酸味のないブラジルでしたけど、ちゃんとした酸味はコクや苦味や甘さを引き立てるそうです。嗜好品ってほんっと〜に奥が深いよね。

 

[adSensecode]

 

お店と女将さんの在り方が素晴らしい

vf_DSCF8678

 

1時間半くらい女将さんとお話ししました。

事前に「アンゼリカのおばちゃんから紹介されて来ました〜」と伝えたことで、「初めまして」の敷居が下がりすぐ馴染めました(笑)

 

女将さん、コーヒーやクラフトビールに対する在り方や生き方がすごく素敵です。

「やりたいことしかやらない」「楽しいか楽しくないかで選んでる」といった、僕もいる世界の「在り方」をされている方がここにもいた〜と嬉しくなっちゃいました。

コーヒーやビールの知識、愛はもちろんあると感じましたし、全てのお客さんウケを狙ってサービスをするのではなく(消耗しちゃいますからね)、自分たちがやりたいことをやりたい方法でやって行く。私たちに共感してくださる方と共に歩んで行く。

そういう感じが素敵。

 

vf_DSCF8680

 

コーヒーやビールを通じてそういうことを伝えていきたいんだろうな〜と僕は感じましたね。これ、僕が「写真」というツールを使って人と接していきたいことと全く同じ。

そうそう、FLOGのご夫婦、僕と同じ松本移住者でした。僕より3ヶ月先輩です(笑)

おわりに

vf_DSCF8681

 

スペシャリティコーヒーは5種類くらいあってどれも500円で飲めます。これね、破格。「まずは飲んで欲しいから」と女将さんは言っています。その気持ち、ありがたくいただきます。

クラフトビールは常時10種類あります。定番なし。注ぐグラスも様々。アンゼリカのおばちゃんはビール飲めないのにFLOGさんのは飲めるそうですよ。

というわけで

  • 普段とは違うコーヒーを飲みたい
  • しっかりとしたビールが飲みたい
  • コーヒーとビールの本質を学びながら飲みたい

そんなときはFLOGさんに行ってみるといいですよ。

 

HOP FLOG CAFE

松本駅から徒歩12分。

▶︎参考:Access – HOP FROG CAFE craft brew

営業日(2017.11.15現在)
月曜日:定休日
火曜日:定休日
水曜日 :10:00-22:00
木曜日 :10:00-22:00
金曜日 :10:00-22:00
土曜日 :10:00-22:00
日曜日 :10:00-22:00

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします