自分の「好き」を「発信」することで「地域貢献」になっていた

昔、信州に移住したての頃、「地方に移住したんだし地域貢献しよう」と思ってたんだよね。

というか、「せねば」と勘違いしてた。

そのためには「興し」的なことをやらねばとか、何か活動してるところに属さなければと考えてたんだけど、それはちょっと違う。

 

IMG_2947

 

もちろんやりたければやってもいいけど、自分に合った方法が一番いいんだよね。

例えば僕の場合は、松本の街、人、景色を楽しんで、それをブログに書いたりSNSに投稿することで、県内はもちろん県外の友達にも松本が伝わる。松本を知ってもらえる。

「発信も立派な地域貢献じゃん!」ということに気づいた。そして、これは地域貢献になる「ってことにした」ら俄然楽しくなってきたんだよね。松本での生活がさ。

 

IMG_2952

 

実際に僕が松本のヨウスを発信していたことで「カフェとかパン屋さんとか、美味しそうだったー」 や、「へー松本ってそういう街なんだ」、「そんなところもあるんだ」と言ってもらえてきたし。

つまり、自分に合ったことで、自分がまず楽しんでれば良くて、情報革命時代だからこそ「その楽しい」を発信することで結果、なんか知らんけど巡る。

そんな感覚。

 

IMG_2950

 

地域貢献に型なんかないと僕は思う。

自由でいいし、上に書いたようなことで「も」いいんだよね。

 

IMG_2951

 

「せねば」にとらわれていると巡らない。でも、自分で「そうだ」と決めて、そうでも「い〜んだ」と自分に許可して生きると巡る。

自分を満たし、楽しさや感情を発信する。それが大切なんだな。

 

IMG_2957

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします