咳が治らないときに天突(テントツ)を押さえたら軽くなった

1月下旬、横浜から川西に帰ってきた翌日に体調が急変。しばらく療養していたのね。風邪の症状が治まったと思ったら咳が止まらない。夜なんか寝れないこともあったし。

僕は寝たいのに気管支さんが敏感すぎて寝させてくれないの。息を止めれば気管支さんは反応しなくなるけど、それってきっと違う(笑)

そんなことをFacebookに呟いたら友達からはあたたかいコメントとともに、咳を軽減する方法を教えてもらったのだ。

  • 咳止めの薬を飲む
  • 枕を高くする
  • 天突(テントツ)というツボを押す ← 今回の本題
APC_0221

で、一番効いたのが天突だった。めちゃくちゃ効いた。押さえた瞬間に咳が止まった。完全じゃないけど治まったのね。

天突とは「鎖骨と鎖骨の間のくぼみ」の部分で、人差し指+中指で軽く押さえるだけで充分。注意点は喉の方に向かって押し込むのではなく、軽く、気持ち下方向に向かって押さえること。

ツボを押さえる → 寝入る → 手がずれる → 咳出る → ツボを押さえる・・・・としばらく続いたけど、数日ぶりに熟睡できた。寝れるって素晴らしい。

もちろん、僕は医学的な教えは受けていないし、病院にも行ってないので咳喘息に類する症状なのかはわからけれど、寝れるくらいに咳が軽くなったのは事実です。

咳が治まらずに悩んでいる方はお試しあれ。

咳が続くようなら医療機関に行きましょうね。僕はもう少し様子見します。

APC_0218

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト/プロフィール撮影(Photo Session)
★詳細:Photo Shooting

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西にいます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・7月上旬、8月上旬に関東予定です。

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「撮影サービス」からどうぞ。

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

販売:Photo Sales

A3ノビ〜A4程度のサイズの額装販売および、壁紙などの写真データの販売。ご自宅やコミニュティスペースに飾り、癒しになれば嬉しい。