「自分だから」という理由

15年間会社員してて嫌になり、住みたい場所があり、どうしても体験したくて僕はフリーランスになりました。

そうやって生きてきた今があるからこそ

  • 撮れる写真があるんだ。
  • 作れるモノがあるんだ。
  • あなたの声を聴くことができるんだ。
  • あなたに伝えられることがあるんだ。

この4つを今の僕は一番得意な写真撮影を通じてやってる。僕はただ撮るだけの人じゃない。

楽しいことも苦しいことも積み重ねてきた経験が糧となる。「自分だから」という理由の根っこになる。とても強い強い根っこにね。

GR032583

さて、会社員のときの何が嫌だったのかを書き出してみました。

  • 作業見積もりを立てて、短く収めること。
  • 工数で動くことに急かされている感があって落ち着けないこと。
  • 心が日々変化するものなのに、それに合わせて自分自身のペースを守れない環境。
  • プロジェクトやメンバーを管理すること。

など。

どれも大切なことだよ。でも僕はこういうのが嫌だった。不自由さを感じちゃって、僕にとっては切実な嫌だった。

僕はね、自分のペースで動ける「つくる側」でいたいんだ。

なのに

  • 「つくる側でいたい」と言えなかった自分と
  • 「つくる側でいよう」と動けなかった自分に

「もう、僕はこんなもんじゃないでしょ!」と怒っちゃうこともあったな(笑)

怒りの奥にあるのは「自分が自分を大切にしていない悲しさ」だったりするんだけどね。

GR032582

怒っちゃった過去を振り返ると、信州に移住して以来、僕は自分を大切にしてきたなぁ、としみじみ感じます。

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト/プロフィール撮影(Photo Session)
★詳細:Photo Shooting

撮影予約可能日

【関西エリア】
・5月以降しばらく関西にいます。ご依頼お待ちしています!

【関東エリア】
・未定ですがご要望とあれば伺います

申し込みフォーム

★ポートレイト/プロフィール撮影を依頼する
★Photo Shootingを依頼する

ピンときた方、まずはお問い合わせください。お待ちしています!
  • コピー

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「メニュー/料金/予約」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

販売:Photo Sales

A3ノビ〜A4程度のサイズの額装販売および、壁紙などの写真データの販売。ご自宅やコミニュティスペースに飾り、癒しになれば嬉しい。