Blender|プロシージャルテクスチャで金属を表現する

Blender 2.8のシェーダーノードを使って金属のマテリアルを設定している動画を見つけました。

好みのテクスチャだったので真似させてもらうことに。何がどうしてこうなるのか理解できないけどめっちゃ楽しかったです。

プロシージャルテクスチャをつくる

sc_shader-node3

プロシージャルテクスチャは数式などを利用して生成されるテクスチャのことで、BlenderではShader Editorであれこれします。が、Nodeをどう繋げていけばイメージするものになるのか、それこそまったくイメージできません(笑)

というわけで、先人の知恵(YouTube)に短時間で好みのテクスチャを作られていた方を発見。真似させてもらいました。

シェーダーは公式マニュアルを参考にしつつ、真似しながら少しずつ理解していくものなんだろうね。

記事執筆当時は2.79版へのリンク

レンダリング画像をLightroomで編集する

sc_shader-node4

Blender単体でもコンポジットできますが、使い方がわからないのでめっちゃ使いこんでるLightroomでエディットしてみたの図。VSCO Film(02のKodak Portra 400 UC-)をかけてあれこれしています。

Lightroomでエディットするなら高画素で書き出すといいけど、レンダリング時間が長くなるのでコンポジットを覚えた方が効率良さそう。

球体を動かすアニメーションをつくる

sc_shader-node2

テクスチャを作っただけでは面白くないので、オブジェクトを動かすアニメーションを作りました。BlenderのほかAdobeを使ったよ。

具体的には

  • Blenderで連番画像をレンダリング(TARGA形式)
  • After Effectsに読み込んでエフェクトを追加
  • Premiere Proでカラー調整
  • Media Encoderで動画出力

Premiere Proで仕上げたのはAfter EffectsからMadia Encoderに出力する方法がわからなかったから。Encoderで出力すると深夜帯のNHKの映像(ピーーーってやつ)の動画にしかならない謎。

真似る+自分らしくカスタムして学ぶと良い

sc_shader-node1

先人を真似して学んでも良いと思う。僕の写真もそうやって身につけ磨いてきたから。どんなに真似ても最終的には自分のセンスになるから。

真似するときは、ひとつでもいいから自分なりの「〜してみたい」という表現を加えると、身につく技術の幅が広がったり深くなったりする。今回はGraph Editorの使い方が深くなったね。

CGは写真以外のやりたいことだから、真似る+自分らしくカスタムしてコツコツと熟練度と経験値を増やしていきます。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られることになれてない方の笑顔を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。