Blender|Metal Sphereをつくる

今回はこちらのチュートリアルをやりました。チュートリアルはBlender v2.7x系ですが2.8でもいけます。

こんなんどうやってつくるん?

という形ですら、Blenderの機能を使うとシンプルにできます。ミソは「Wireframeモディファイア」と「Booleanモディファイア」です。

5:45から始まるマテリアルが同じような結果にならなかったため、Roughness(粗さ)を0.05ではなくて0.25に変更しました。

バージョンが違うため内部仕様が変わっているのかな?とはいえ、同じ手順で進めても同じ結果になることは少ないからね。光源の設定(位置など)も違うし。そういうもんです。

最終レンダリングも自分好みにするため、Compositingしてコントラストを調整したり。

sc_190415
Compositingしてるところ

Blenderのノードはたくさんあるけど、写真をエディットするときの用語っぽいノードから覚えてます。わかるところから経験していくことで、ノードを組み合わせるためのシナプスを増やしてます(笑)

うん、(↓)僕好みです。

metal-sphere_300_Composition
最終レンダー

レンダリングはCyclesでSampleは300に設定。Sampleを増やすと光がよく回るのか(という表現でいいのかな)、Wireframe奥の方まで光が当たっていました。

増やすとレンダリング時間がのびるので、表現意図を持って設定していきたいところですね。

【ポートレイト撮影の募集 in 関東(8月10〜25日)】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。本期間中の出張エリアは関東圏内に限ります(都内、横浜など)。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「撮影サービス」からどうぞ。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。