Blenderで被写界深度を浅くするカメラの設定

写真はレンズ開放で撮ることが多い僕。XF56mmF1.2であればF1.2で、XF35mmF1.4であればF1.4で撮る。ピント面はしっかりと、背景その他はぼやけている表現が好きだから。

長年そういう写真を撮ってきたので、CGでも背景をぼやかしたくなるもの。

今回はBlender2.8で被写界深度を浅くするカメラ設定を紹介します。

原理的には実際のカメラと同じ

以前こちらの記事で「原理的にはカメラとは違うかも」と書きました。

今回わかったのは「厳密には同じではなさそうだけど原理は同じ」ということ。

どういうことかっちゅーと、まず実際のカメラで背景をぼかす方法は3つあります。

  1. F値の小さなレンズを使う
  2. 望遠レンズを使う
  3. 被写体と背景との距離を大きくする

光学特性というやつですね。他には「フルサイズや中判のような大きいセンサーのカメラを使う」もあります。

で、Blenderのカメラも原理は同じでした。

Blenderで背景をぼかす方法

カメラの設定を上記と同じにすればOKです。

  1. F Stopを小さくする(0.1など非現実的な数値にする)
  2. Focal Lengthを大きくする
  3. 被写体と背景との距離を大きくする
sc_190614

今回はF Stop=0.15、Focal Length=150mmとし、↑のように被写体と背景の距離をとりました。センサーサイズはデフォルトの36mmです。

my4_dof-size36
レンダリング結果

センサーサイズを変えて検証

センサーサイズを変えるとどうなるか、かるく検証してみました。

センサーサイズを変えるとカメラの見える範囲が変わるので、デフォルト36mmとの厳密な比較はできませんでしたが、Camera → Sizeを85mmにしたらボケが増したような感じ。

my4_dof-size85
レンダリング結果(センサーサイズ85mm)

センサーサイズもボケに影響していそうです。

まとめ

Blenderでピント面はくっきり&背景をぼかす方法は実際のカメラと同じように設定しましょう。

  1. F Stopを小さくする
  2. Focal Lengthを大きくする
  3. 被写体と背景との距離を大きくする
  4. センサーサイズを大きくする

また、F0.15のように数値はやや大げさな数値にするほうがいいです。

写真素材note発売中

継続課金マガジンで写真素材を販売しています。ブログに載せるもOK、壁紙に設定するもOK、使い方は自由です。フリー素材も良いけれど、人と被りたくないという方に人気です。

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Hanamura

Software Engineer & Photographer/Python、Golang、JavaScriptを嗜み中。また、撮られることに慣れていない方を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評です。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。2019年秋から夫婦生活スタート。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください