Blender|ArrayモディファイアとBuildモディファイアを組み合わせる

Blender 2.8のArrayモディファイアとBuildモディファイアを組み合わせて面白いものを作っている動画を見つけました。

Arrayモディファイアではデフォルト以外のオプションを使っていて勉強になったね。

半円球にArrayとBuildモディファイアを適用する

sc_array-build1

規則性がありつつランダム性もあるオブジェクトってどうやって作るんだろうと思ったらモディファイアを使えば簡単。

Emptyオブジェクトを利用しながらArrayモディファイアで半球体を複製して、Buildモディファイアでタイムラインを進める。ホント簡単。

詳しくは動画で確認してみてください。

sc_array-build2

被写界深度を変化させるアニメーションを作る

sc_array-build4

紹介した動画では、ある世界観を作っていますが僕が「おぉ!」と惹かれたのはモディファイアの使い方だったので(笑)、以降は僕なりにアニメーションを作りました。

お忘れかもしれませんが僕は写真が本職のフォトグラファーです(笑)レンズは開放が好き。できるだけ開放で使いたい。ポトレレンズのXF56mmF1.2なら1.2で、普段使いの万能レンズたるXF35mmF1.4なら1.4で使いたい。

Blenderは被写界深度もシミュレートできるので、徐々にピントが甘くなるよう調整したのがこちら。

Principled Volumeを使って空間の演出する

sc_array-build3

紹介動画の6:20からやっているCubeにPrincipled Volumeをかけているところ。空間にモヤみたいのをつけているんだろうなぁくらいの理解だけど、こういう使い方もできるようだね。

僕が作った動画にも適用しています。なんとなる「っぽく」なっていると思う。できることが増えていくのは楽しいものです。

被写界深度について具体的なパラメータはまだよくわかっていませんので、こちらを参考に調べていきます。

【出張撮影のご依頼、承ってます】

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト/プロフィール撮影(Photo Session)
★詳細:Photo Shooting

撮影予約可能日

【関西エリア】
・4月、5月としばらく関西にいます。ご依頼お待ちしています!

【関東エリア】
・未定ですがご要望とあれば伺います

申し込みフォーム

★ポートレイト/プロフィール撮影を依頼する
★Photo Shootingを依頼する

ピンときた方、まずはお問い合わせください。お待ちしています!
  • コピー

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

人物や風景、街並み、小物を好んで撮っている空気感フォトグラファー。本職であるPhotographerのかたわら、Engineer、Creatorとしても活動中。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。「自分の素敵に気づける写真」を撮る。数年間の心のお稽古によるカウンセラーマインドによって、撮影は「心のセッション」になることも。
オシゴトについては「メニュー/料金/予約」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

販売:Photo Sales

A3ノビ〜A4程度のサイズの額装販売および、壁紙などの写真データの販売。ご自宅やコミニュティスペースに飾り、癒しになれば嬉しい。