長所と欠点、どっちも「個性」

長所と欠点といって、よく自分や他人が人を特徴づけるけど、何と比べて長所なのか?欠点なのか?

普通と比べて?

では、そもそも普通って何?

 

ちょっと考えてみよう。

ある人の長所って、見方を変えたら別の人の欠点になりえる。その逆も然り。

ある人の長所って、別の人にとってはすごいことかもしれないし、全く興味の範疇外かもしれない。

ある人の欠点って、別の人にとってはすごく望ましいことかもしれない。「わたし、それ待ってた!」みたいな。

 

となると、「どっちもあっていーじゃん」だし、もっというと「そのままでいーじゃん」なんだよ。どっちにしろ変わらないのだから。

 

 
スポンサーリンク

 

「これ僕の長所!」や「これわたしの欠点!」と勝手にそうするのは自由。でも、それによって生きにくさを感じているなら、その意識を見直すタイミング。

 

「これ僕の長所!以上!」や「これわたしの欠点!以上!」でいい。

 

できるからできるんだし、できないんだからできない。

それでいーじゃんか。それが自分らしさ、つまり「個性」なんだよ。「〜〜できないことを、これまで欠点=悪いものとして扱ってきました。でも勘違いでした!」ってこと。

これがわかると自己受容につながる。

 

R1002436

 

できないことができるようになり「たい」ならやれば良いだけのこと。できるようになるまでコツコツと。

周りを頼ってもいいよ。途中で休んでもいいし、やってみて「違う」とわかったらやめてもいいよ。とにかく「たい」ならやってみようよ。

そして、NOT「たい」なら、やらなくていいよ。きっと誰かが助けてくれるから。オープンマインドになって周りを見渡せばきっとそんな人が見つかるよ。

だから、

 

やりたいからやる。やりたくないからやらない。

 

でいいんだ。

 

R1002438

Profile

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!