自分の淹れるコーヒーが美味しいんです。

淹れ方は独学。友達やお店の方に教わって、いいとこ取りしながら試行錯誤。淹れ方によって味が変わるコーヒーが面白い。

方法を追求するのもいいけれど、味を左右する要因が実は他にもある、という話を聞いて納得したことがありました。

「場」や「雰囲気」という言葉にはできないけど確かに感じられるもの。そして、結局は自分を満たすこと全般に言える、普遍的でとても大切なこと。

毎回同じにならないから楽しい

コーヒー豆やお湯の温度など、次も同じ条件で淹れることはできないため、都度味にばらつきはあります。

豆を厳重に保管したとしても時間の影響は受けますし。焙煎後であれば時間が経つことで馴染んでいき、時間が経ちすぎたら薄くなっていくように。

それでも美味しいなぁって感じるんです。

淹れるたびに「お!今回は最高じゃね?」というときもあればその逆もある。これが楽しいんです。

「楽しい」をより高めてくれるのが次に話すこと。

コーヒーの味を左右するもの

松本でお気に入りのコーヒー豆の店、51 COFFEEに行ったときのこと。

淹れ方を教わっているときにマスターの佐藤さんはこうおっしゃいました。

「味を左右するのは飲むときの”場”や”雰囲気”もありますよ」

わかる!!

  • 落ち着くカフェ
  • なんか好きと感じるカフェ
  • 読書や勉強がしやすいカフェ
  • 食器がお気に入りのカフェ

など自分にとっての好みってありますよね。カフェに行くのはコーヒーを楽しむ以外にも、場の雰囲気を感じるためでもあります。

「場」や「雰囲気」が僕らに力を与えてくれる

僕がお客さんのプロフィール写真を撮影させていただくとき、お客さんに「好きな場所ありますか?」と尋ねています。もし気心知れた人や、愛しい人がいるなら同伴してもOKですよ、と伝えています。

だって、好きな場所で、好きな人といたらいい写真にしかなりませんからね。

そこに僕の感性とUDEで、その場や雰囲気をそっと撮る感じ。

その場にいる方の力を借りると、撮影は楽しく、そして楽です。自然と素敵な表情になってくれますからね。

僕はただいい瞬間を狙ってシャッターを切るだけです、はい(笑)

おわりに

コーヒーの話に戻します。

でね、コーヒー豆や淹れる機材、お湯の温度にこだわるのと同じくらい、使うカップや飲む場所の雰囲気にもこだわるといいってことです。

コーヒーに関してもDoingだけでなく、Beingも整えようってこと。自分のBeingが整うように部屋や道具を整えようってことです。

ちょっとしたことだけど、自分がウキウキすることに時間とお金を使うことは、とても豊かなことです。自分を大切にする第1歩。

そんなわけで、テクニック磨きだけでなく、機材や場づくりに時間とお金を使っていこうと思わせてくれた、マスターとの淹れ方談義でした。

※掲載した写真は、51coffeeの様子をGXR A12-50mmで撮影

こういうところから揃えたいですね

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥32,100 (2024/04/25 15:51:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥1,379 (2024/04/25 15:52:00時点 Amazon調べ-詳細)

▼僕も使っているかわいいポット

created by Rinker
ツキウサギジルシ(Tsukiusagijirushi)
¥4,200 (2024/04/25 15:52:01時点 Amazon調べ-詳細)

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Hanamura

◆Photographer|木漏れ日や水、空が魅せるきらきらが好き|写真を通じて「やさしい世界」を伝えてゆく ◆Software Engineer|Private: Go/C++/WebGL|Work: SAP/SAC

写真素材note発売中

継続課金マガジンで販売しています。ブログに載せるもOK、壁紙に設定するもOK、使い方は自由です。フリー素材も良いけれど、人と被りたくないという方に人気です。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。