9月末、僕はあるモノを手放しました。

そのおかげで余裕が生まれたんですね。

が、その結果、夜遅く寝て朝遅く起きる日もあればそうでない日もある。そう、生活リズムが乱れ出したんです。

すると不思議なもので、やろうやろうとしていることになぜか手がつかなくなったり、料理したいのに自炊率も減る。

本来やりたかったはずなのに。

DSCF2495

こうなると「それってもともと本心から望んでいたことなのか?」な〜んて、変な考えにとりつかれたりします(笑)

その可能性はゼロではないでしょう。自分を深掘りすれば、僕の魂が求めているものが見えるかもしれない。

とはいえ、やろうとしていたことに手がつかないのは何とかしたい。

ここでも「なんでだろう」って自分深掘りです。この流れはエニアグラムタイプ6の特徴なんです。思考ブンブンなんです(笑)ただね、ここで不安に陥っちゃうのもタイプ6の特徴。

それを打破するのは実は簡単。

DSCF2543

自分の好きなことをやる、ただそれだけ。

もちろん好きなことでなくてもいいの。家事でもいいし散歩でもいい。何か集中できるコトでいい。

つまりね、全く動かないことが問題なの。だから、それでも動く、何かやる、始める。

そうすることで少しずつ停滞していた流れがスムーズになっていきます。

 

僕はよく今回のようになるけれど、その都度スムーズにしていけばいいと割り切ってます。

「なんか停滞しているな〜」と感じたときは、なんでもいいから勇気を出して動いてみましょう!

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします