自分を褒める、大事

僕が撮った写真。

僕がエディットした写真。

人、風景、小物、料理、etc…

に、いちいち感動してみる。

「わぉ!」って感じてみる。

 

R1008151

 

ピンボケだろうが、

構図がバラバラだろうが、

撮るその瞬間にあった「\(^o^)/」という感情。

撮るその瞬間に込めた「\(^o^)/」という感情。

これを感じてみる。こっちを感じてみる。

褒めてみる。

すると、自己肯定感、跳ね上がるぞ。

 

R1008159

 

写真ができるまでのプロセスを紐解くと、

わぁ!と「感」じて撮るという「動」作をした、

つまり「感動」したからその写真ができた。

だから、撮るときに感じたいろいろな「感」を今感じてみる。

思い出してみる。

これも「自分褒め」のひとつ。

 

R1008161

 

なんで褒めるの?

だって

自分がこれまで世に出してきたたくさんのモノを

自分自身が好きにならず、労わず、褒めず、認めずになんとするの?

んな厳しい世界にする必要もねーでしょ?

だから

自分自身がいちばんに好きになって、労って、褒めまくって、ちょ〜認める。

んなやさしい世界にしてい〜んだよ。

まず自分がいちばんに評価してあげよう!

 

R1008162

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします