自分のやりたいことが誰のどんな課題を解決できるのか?

「僕はどんな人のどんな課題を解決できるのか?」

フォトグラファーとして自分を特定の職業人と決めつけるのではく、広くマネタイズを考えていくうちに思いました。

今のメインコンテンツである写真を使うことであったり、最近始めたデザインを活かすことであったり、そもそも僕という存在が「いる」ことであったり。

これらがどんな人のどんな課題を解決する手伝いができるのだろう?

想像の範疇で決めつけるとそれ以上の「あら〜びっくり仰天!」は起こりにくいので、あまり決めつけず、けれども意識はしておきたい。いわゆるポジショニングってやつですかね。

いずれにせよ、大切なことは「自分のやりたいこと」・「自分のやれること」であること。且つ、僕が「楽」で「楽しく」できる 「愉しいもの」であることだと思います。

これすっごく大切。

どんなサービスでも「他者のために」と掲げるのは良いけど、無理してやっていてはきっと楽しくはないんじゃないかな。日々「あ〜なんか幸せ」という感覚が得にくくなるんじゃないかな。

だから、Wantの起点は必ず自分。

自分がしたいからする。それが誰かの「困った」を解決し、笑顔になってくれたら嬉しい。

そんなわけで「僕の好きなことは、どんな人のどんな課題を解決できるのかな」と、最近は僕なりの「がんばらない成長論」をぼんやりと考えています。

そもそも成長って、苦しんで・がんばって・努力した先にあると思いがち。でも、楽しいがんばりだってある。楽しいからがんばれること・がんばらなくても自然とできることを人は持ってる。

僕のやりたいこと = がんばらなくてもできることを誰にどう活かしていくか。これから人生のミッションレベルのことまで考えて活動していきたい。

そうそう、そうやって見つけたことは大切だけど、ときに「今日はやりたくな〜い」となることがあります。

人間だもの飽きます。

それは「休んで別のことをしようよ」と無意識が知らせてくれているだけ。別の「がんばらなくてもできること」をやればオッケー。僕の場合はゲームですかね(笑)今はFALCOMの閃の軌跡3にハマっています。

2020年5月22日追記

ポジショニング、いわゆる「自分ってこんな人ですよ」を明確に言葉にしたもの、と理解しています。

現在僕はは「Web系エンシニアとしての顔」と「写真家としての顔」を持って活動していて、そんで出てきた言葉が「Web開発をしながら、撮られることに慣れてない方の笑顔やステキな空気感をそっとすくい撮ってます」でした。前半はまぁふつーですね(笑)でも、後半の言葉は人を撮らせていただいてからずっと思っていたことです。

2016〜2017年くらいから僕自身、写真はもちろん、プログラミングもやっぱり好きで、それを活かしたいと考えてきたから、今はこれくらいでいいと思ってます。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られることになれてない方の笑顔を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。