「これまで」を変えるために「これまで」じゃない行動をとっていくと決めた話

DSCF4538

 

松本にもどり、松本で生活をしていた9月の頭、ようやくわかったことがありました。

 

僕は「決める」ということに120%向き合えてなかった、ということに。

 

例えば

  • 自分の人生を生きる、という覚悟がまだ足りなかった
  • 自分の人生を生きる、と自分自身に約束しきれていなかった
  • 僕はまだ自分の見たくない闇を直視せずに、前に進もうとしていた
  • 綺麗な自分でどうにかやりくりしようとしていた
  • 写真でもプログラミングでもアートでももっと追求できるのに、まだしようとしていなかった

 

挙げると▲こんな感じの「決める」に向き合えてなかったです。

だから僕はこの日以降、「決めることに向き合う」と決めました。

日々の選択をするとき「決めるぞ」と問いかけて、イマココを選択しています。

 

[adSensecode]

 

みなさん、ちょっと考えてみてください。

例えば、「今日くらいはまぁいっか」と昼寝したり遊んだりする。「これまで」の行動をする。

「これまで」と同じことをしていたら、この先の人生も「これまで」の結果が続きます。

自明です。

でも、それでいいの?そうでありたいの?

 

DSCF4539

 

僕は「イヤだ!もっと進みたいし、自分はもっとイケる!というか、なる!」と思えた。

だから、ここで『「これまで」の自分』に反旗を翻す。「これまで」じゃない行動をとっていく。

 

その繰り返し、積み重ねが「今」を変え、「これから」を変えていくから。

 

こういう頑張りは時に必要です。踏ん張りは必要。人に教えられてきたことがようやく腑に落ちました。

ただね、それと同じくらい「昼寝したり、遊んだりする」ことも必要なんですよね。だって僕らは強くて弱い人間だもの。

すべてはバランス。

陰と陽、そのエネルギーバランスは日々変化しちゃうもの。全ては動きつづけてる、僕らが意識する・しないに関わらずね。

 

DSCF4537

 

前述したように「決めるに向き合うと決めた」今の僕は「頑張りと踏ん張り」のターン。

 

今回の件は僕の「今」と「これから」の人生を豊かにしていくために必要な気づきだったなと、今ブログを書いてて思います。

数日前から妙にモヤモヤしていたんですが、やっとわかってスッキリ!前を向いて行きましょ〜かね〜。

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORKS」へ。ご依頼は「CONTACT」からどうぞ。

写真のオシゴト一覧

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします