よく自分や他人が人を特徴づけるけど、何と比べて長所なのかな?欠点なのかな?

普通と比べて?

そもそも普通って何?

 

ちょっと考えてみよう。

ある人の長所って、別の人の短所になりえる。その逆も然り。

ある人の長所って、別の人にとってはすごいことかもしれないし、全く興味の範疇外かもしれない。

ある人の欠点って、別の人にとってはすごく望ましいことかもしれない。「わたし、それ待ってた!」みたいな。

となると

「どっちもあっていーじゃん」だし、もっというと「そのままでいーじゃん」なんだよ。

どっちにしろ変わらないのだから。

 

「これ僕の長所!」や「これわたしの欠点!」と勝手にそうするのは自由。でも、それによって生きにくさを感じているなら、その意識を見直すタイミング。

 

「これ僕の長所!以上!」や「これわたしの欠点!以上!」でいい。

 

できるからできるんだし、できないんだからできない。それでいーじゃんか。

それが自分らしさ、つまり「個性」なんだよね。

「〜〜できないことを、これまで欠点=悪いものとして扱ってきました。でも勘違いでした!」ってこと。

 

これがわかると自己受容につながる。

 

R1002436

 

できないことができるようになり「たい」ならやれば良いだけのこと。

周りを頼ってもいいよ。途中で休んでもいいし、やってみて違うとわかったらやめてもいいよ。とにかく「たい」ならやってみよう。

そして、NOT「たい」なら、やらなくていいよ。

きっと誰かが助けてくれるから。

だから

 

やりたいからやる。やりたくないからやらない。

 

でいいんだ。

 

R1002438

写真のオシゴトやってます

Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。基本的にマンツーマンのセッション。

Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

空気感フォトグラファーとして写真が生業の元ソフトウェアエンジニア。「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「依頼フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします