「できるか・できないか」ではなく、「やるか・やらないか」でもなく本当に大切なこと

photo1

 

それは「やる意思があるか・ないか」です。

やる意思を持てるかどうか、要は「やりたい」という気持ちの方が大事。

そんなことを、「オムツ外し学会 in 甲府2015のイベントカメラマン」を務めている時にある方からお聞きしました。

 

 
スポンサーリンク

 

高口光子さんの講演が素晴らしい

photo1

 

本イベントではその筋では著名な方が5名講演をされていまして、僕は三好さんと高口さんの講演をじっくり聞くことができました。(もちろん、この間も仕事してましたよ)

※本記事に掲載させていただいてる写真に写っているのが高口さん

 

高口さんの講演が素晴らしいのです。お話が論理的でとても分かりやすく、感情にも響くようにお話しなさる。だから、伝えたいことが参加者全員にしっかりと届く、と僕は感じました。

 

photo1

 

高口さんは介護の世界で、よくない現状を改善しようと行動されています。PDCAしたり、スタッフを褒めてのばすなどいろいろ。

ある時、こう気付いたそうです。

 

「結局は(スタッフが介護を進んでやるためには)、やる意思があるか・ないかがすごく大切」と。

 

だから、スタッフの「やる意思」を引き出すように接するようにし、その結果、スタッフのミスが劇的に減るなどの効果があったとか。

 

僕は介護の世界のことはまったく分かりませんが、この「やる意思があるか・ないか」は非常に納得です!

「やる意思」ってつまりコレ

photo1

 

「やる意思」っていうとなんだか固いので、カンタンに言うと、

 

自分がやって楽しいこと、ワクワクすること、もっと言えば「ときめく」ことです。

 

なんでもいいんです。自分がトキメクことができればなんだってね。

そうすれば、自然と「やりたい!」って気持ちになるでしょ?
そうすれば、自然と「やる意思」も湧くでしょ?

そういうことです。

極端な話、「寝る」だっていいんです。それが今、あなたのしたいことならね。

 

現状でトキメクことができるコトやモノを持っているならしめたもの。あとは、それをやる時間を増やせば人生が楽しくなるってもんです。

ちなみに、僕がトキメクと言ったら、写真撮ったり発表したり、人と話したり、かな。

もしトキメクことなければ、この本がおすすめです。本に書かれているWorkをやると、自分の好きなことに気づけます。

 

 

「トキメク」ことだけして生きたいよね

「やる意思がある」「やる意思を持てる」というのは、あらゆることに当てはまると僕は思います。

例えばお仕事。

チーム一丸となってプロジェクトを進めるとき、チーム全員が共感できるビジョンや目標があると、チームメンバは自発的に行動するようになります(経験則ですけどね)。そして、リーダが率先して共感できるようなアクションを起こすのがベスト。

 

photo1

 

「やるか・やらないか」だと根性論のように僕には聞こえちゃいます。ゆるくいきたいものです。

だから、「やる意思がある」、つまり、自分がやってトキメクことをして生きたいもんです。

そして、今僕はそれを試しているところです。信州に移住し、独学でフォトグラファーとして生きることをやってね。

「トキメクことだけ」して生きたい方におくる参考記事

恩師・立花岳志さんの記事です。僕は実践しています。

▶︎参考:プロブロガー直伝:「好きなこと」で「稼げる」ようになる 5つのステップ | No Second Life

 

ときめきたい方におくる参考図書

 

★ あなたのステキをそっとすくい撮ります ★

BlogやSNSに顔写真を公開するのはなんだか恥ずかしい。けれど、

  • 勇気を出して公開したい!
  • 今の自分を見てもらいたい!
  • 実は誰かに撮ってもらいたかったんです!

というみなさんの応援を僕にやらせてください。あなた自身がまだ気付いていない「あなたのステキ」を撮ります。

★ 出張撮影、承ります ★

僕の活動拠点は長野県松本市と神奈川県横浜市。

毎月上旬は松本市、下旬は横浜市にいます。中信地方や関東圏内の撮影でしたらのその期間にお声がけくださいね。もちろん、その他の場所にも出張撮影します。

今は京都や広島(竹原や尾道)に行きたいな。

★ 詳しくはこちらからどうぞ ★

この記事を書いた人

花村貴史 / Takashi Q. Hanamura
花村貴史 / Takashi Q. Hanamura<空気感フォトグラファー>
「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。

2017年はプログラミングやCGにも手を出し、「写真」「エンジニア」「芸術」「心理」、それぞれの分野を楽しんでいきます。

詳しいプロフィールはこちらへGo!!

この記事が気に入ったら
いいね ! してくださいね。

Twitter で