「いい」にフォーカスしよう

僕はモノゴトを「いい」「わるい」の物差しで測ってしまいがちで、後者モード(わるい)のときは「あぁ・・・」と責めちゃうこともしばしば。

でも、長い人生のうち「あぁ・・・」と思う時間はできるだけ少ないくしたいよね。そうじゃないかな?

だったら、せめて前者(いい)にフォーカスしていけばいい。

たとえば、どんなモノゴトも

  • これ「で」いい
  • これ「も」いい
  • これ「でも」いい
  • これ「が」いい

”ってことにする”感覚。

僕らが人生で出会うモノゴトには、数学のように唯一絶対の解はないのだから、「いい」「わるい」の二軸でみない感覚。グラデーションで感じる感覚。

そうしていれば究極「どっちでもいい」になるもの。

「いい」もいいし、「わるい」もいいし、(振り返ってみると)実はどっちでも平気だった、という状態だね。

後者(わるい)になったとしても「まぁしゃーない(笑)」と笑い飛ばしていると、自然と前者(いい)に切り替わるものだよ。

自分のことをなんでも笑える人はとても強い人だと僕は思うな。

すぐに切り替えられなくてもいいさ。人の心はころころと変化するから前者・後者は常に切り替わっちゃうものだし。練習あるのみ。

覚えておくと良いことは「起きた事実はただの事実でしかない」ってことだね。

起こったことに「いい」と「わるい」のジャッジをしてしまうのは僕ら人間だったりする。そういう心の仕組み。ただの仕組み。

どんなことにもメリットとデメリットがあるように、見方によってモノゴトの解釈ことは無数にあるものだし、人によってもまったく違うよね。

だから、ジャッジすること自体あまり意味のないことなんだ。

本当は「事実です、以上!(以降ジャッジしない)」と終えられるとスマート。それでも癖でしちゃうし、ゼロにすることはきっとできないと思う。人間だから。

なので、「わるい」に触れて「あぁ・・・」と責めてしまいそうになったとき、自然と無理なく「いい」に切り替えられるようお稽古を続けていけばいいね。

※掲載した写真は昔乗っていたYAMAHA R1-Z。これから春を迎え、またバイクを駆りたい気持ちになってるよ。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られることになれてない方の笑顔を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。