淡々と、コツコツと

アナログ絵でもデジタル絵でもプログラミングでも写真でも、学ぼうとすると途端に面白くなくなる時期が来る。

おそらくそれは他人と比べるだけではなく、理想上のデキル自分の姿とも比較してしまい、

「なんて・・・自分はまだまだなんだっ」

という囚われの中にいるからだと思う。

 

いいかい?

淡々とコツコツと「練習」と「考察」を積み上げていけば上手くなる。間違いない。

だから「まだまだなんだっ」=「まだできない」=「本当は好きなことじゃない」って思い込む必要はない。それは勘違いだから。

ましてや、できない自分を「価値がない」なんて思い込む必要もないんだ。

 

それでもね、比べたいのならば少し前の自分にしよう。

そしたら「できること」「やったこと」が見つかるよね?

ないわけは、ないんだ。

比較するのはね、決して未来の(理想の)自分ではないんだよ。

DSCF0054

今面白さを感じないなら別のことをやろう。休んだっていいさ。

不思議なんだけど、いずれまたやりたくなるから(笑)

その時が来たら思う存分やってやれ!

写真のオシゴトやってます

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影。
基本的にマンツーマンのセッションです。

撮影:Photo Shooting

皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップ撮影。

写真術:Photo Lecture

あなたの写真に関する疑問をクリアに。

この記事を書いた人

花村 貴史

「”自分の好き”を大切にしよう」と思いきって大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、兵庫に移住したフォトグラファー。その人/その場の空気感をそっとすくい撮る写真が好評。写真で「自然体のあなた」を世界に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「WORK」へ。撮影のご依頼は「予約フォーム」or「お問い合わせ」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします