自分にとって気持ちのいい言葉を使おうよ。だって、脳と心は「こう」なんだから。

だって、脳と心は「否定形を理解しない」のだから。

これは恩師から教えてもらった事。また、心理学の本を読んだり自分の経験からも「そう」なんだろうなと実感していること。もっと言えば、脳は主語をも理解しません。これは精神科医であり、作家でもある樺沢紫苑さんがおっしゃっています。

 

僕はこのブログで心の変化や成長、気づきを綴っています。以前、ブログ経由でメールをくれたご夫婦もそこに興味を持ってくれたようでした。(や〜、ありがとうございます!)

なぜそんな事を書いているのかというと、このブログが僕自身のドキュメンタリーメディアだからです。僕の変化/成長を記録し公にすることで、自分も、読んでくれた人にも何かしらのスパイスになればいい、とそう願っているから。

 

[adSensecode]

 

脳と心は否定形を理解しないのだから、こうすればいい

さて、話を戻して。

例えば飲み会の席で「〜〜さんは馬鹿だ」みたいな一般的にネガティブな会話があったとします。当人はその言葉を相手に向けて発したのかもしれませんが、発した本人の口から音が出て、自身の耳で音を聞く。そうすると脳と心は結局「馬鹿」だけが理解される。

するとどうなるか?

自分が馬鹿である現実が目の前に現れます。というか、そういう情報だけを選択するようになると言った方が正しいかも。ですから、本来disるのは無駄なんですよね。だって、自分に返ってくるんだから。

だったらどうするか?

できるだけ自分にとって気持ちのいい言葉を使えばいい。あと愚痴るだけのような場には参加しない。要は、(本来の自分が欲する)やりたいことをやればいいし、やりたくないことを少しずつ手放していけばいい。

そうしていくうちに、少しずつ気持ちのいい流れが来ますし、自らも作っていけますよ。そうなれば楽しいわけさ。

GR001075

人は良いも悪いも自分の観念にフォーカスしてしまう

冒頭に書いたように、僕はブログに自分の変化/成長も書いています。常々、そういうことを考えているんですよ。脱サラして移住して、個人事業主になって。これからをどうやっていこうか、とか。

そうするとどうしても「不安」や「恐怖」といった感情に支配されるんです。でもね、こういうときこそ変化の兆し。最初はず〜んと凹むこともあるけれど、これまで何とかなってきました。それは相応の素敵な気づきがあったから。

とはいえ、正直、カラ元気だったこともありますけどね(笑) でも、カラ元気も元気のうち。本当に元気がなければカラ元気すら出せませんよ。

 

なんでこんな話をしたかというと、そんな「ず〜ん」が5月にもあってね。そのとき出てきた言葉は「諦めたくない」だったんです。自分の人生をね。

で〜も

脳と心は否定形を理解しないわけだから、「諦めたくない」は「諦める」なんですよ。観念が「諦める」にフォーカスし続けるので、諦めざるをえない状況を招いていくわけ。「諦める」ような現実ばかりが目に入るし、起こる。正確には無意識に選択しているわけだから「起こす」ですね。

最近の心屋仁之助さんのブログにたびたび出てくる「ひとりコント」はまさにそんな状態。

自分の観念や前提が「諦める」だから、そんな状況を(自ら無意識に選択して)起こしてしまう。自分で選択しているのに、自分で「なんでやねん!」と突っ込み入れてる。これをひとりコントと言います。

どーせならそんな状態からは脱したいもんです。

GR001077

おわりに

最終的には「大丈夫に気づく」であったり、「大丈夫ってことにする」であったり、「諦めたっていいし、諦めなくたっていいし(=何事も二元論ではないってこと)」であったり。

そういうことに自分で自分に納得するというか、腑に落とすというか、そういう精神になれるのが理想。理想ですが、不可能ではないと僕は信じている。ナリ心理学のナリくんを見ていて、ホントそう思う。

だから、僕はこれからも考えたり、人に相談したりして心のお稽古をし続けていきます。こういうときにやってはいけないことは、ずっと立ち止まること。なんでもいいから、休んでもいいから、少しずつ進むことです。

GR001078

不安や恐怖を受け容れるために参考になる図書

結局、不安や恐怖を感じていたとしても答えは自分にあるものなので、自分の内面を深掘りすると良いのですが、この本はそういうときの参考になります。

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします