モヤモヤをスッキリさせる方法は「言語化」すること 〜人と話そう〜

2015年7月末、サラリーマンを卒業して半年が経とうとしています。

失業保険があったり、周りの助けがあるとは言え、けっこう生きられるものです。また、写真関係のお仕事やブログのレクチャをして、自分で稼ぐということもヨチヨチと歩き出せているところ。

そんな経験をしてきたこの半年間で「自分の心の傾向」がつかめてきました。

緩やかな右肩上がりではある

人間、浮き沈みはあります。

僕の場合はアップしてダウンしてまたアップする。この2回目のアップでは平均値が上がっている感じ。3歩進んで2歩下がるイメージ。緩やかな右肩上がりです。

2回目のアップができる理由は様々。本を読んだり、Webから情報を得たり、人と話したり。

ダウン状態の僕がインプットすることで、新しいアウトプットが得られたり、 改めて気付かされたりしてアップします。だから思うんです。

ダウンがあるから、人は成長できるのだと。アップもダウンも人間に在ってイイモンなんだと。

ただ、自分でできることには限界もあって、「どーして良いか分からないモヤモヤ」、「 どう吐き出していいか分からないモヤモヤ」というものは解消しにくい。

そんなことをFacebookでつぶやいたら、カウンセラーのお友達が「話を聴くよ」と誘ってくれました。

R4003397

答えは自分の中に在る

以前、NLPトレーナーの西村純一さんのNLPコーチングを受けました。

このときにも、今回お友達と話している時も感じたことがあって、答えは自分の中に在るんですよ。ただ、モヤモヤしていると、そこへアクセスすることができないんです。

じゃあ、どうするかというとタイトルのとおり「言語化」です。

自分の気持ちを思いつく限り出す、出す、出しまくる。ノートに書き出すのでもOK!! マインドマップもありでしょう。

そのときに「コーチング」や「傾聴」ができる人がいるとベスト。

自分の言ったことを整理してくれますし、「じゃあ、それでどうしたいの?」と絶妙なタイミングで問いかけをしてくれます。その問いかけは、自分の深いところにあるコトを言語化するキッカケになります。

深い話をすると、右脳と左脳の関係も出てきます。

右脳は感情を、左脳は思考を司っています。そのモヤモヤが感情が原因なのか(何かを恐れている等)、思考が原因なのか(〜せねばならない、に縛られている等)、どっちが優位なのかでモヤモヤの晴らし方も違います。

ただし、言語化するときに、古今東西たくさんのサラリーマンがやっているであろう、飲み会で愚痴を言い合うのはオススメしません。その場だけスッキリするようになった「気になるだけ」だから。これはなんも生み出しません。

R4003398

自分の中の答えにアクセス

おかげさまで、この日は自分の課題が見えたり、新しい発見があったり、とても良い時間を過ごせました。どうしていいか分からない状態から抜け出せたのはかなり嬉しい。

そうそう、この話の流れで「OSHO 禅タロット」とかゆーカードを引きました。

「今、自分が解決したいアレコレ」を想像して引いたのがこれ。「TURNING IN(内側に向かう)」というカード。

IMG_1677

カードは「今自分が〜〜したい」と思いながら引くのがコツ。次にこの絵から自分がイメージしたことを言語化します。

  • 今の自分は強い(背後霊=雑念なんかモノともしないエースの4)
  • 今の自分は穏やか(水面の衣からのイメージ)
  • 今の自分は情熱的(赤い衣からのイメージ)
  • 今の自分は周りに左右されない(周りの雑念に惑わされず、自分は自分である)
  • でも、なんか分からない怖さに怯えてる

少なくとも、「モヤモヤしているだろうけど、今の自分はこうである」ってことを「知った」ような感じでした。

自分の想いがこのカード(=今の自分)を引き寄せたような感覚になりました。なかなかに貴重な体験!

DSCF4637

おわりに

モヤモヤしたら人と話すと良いです。言語化することが大切だと僕は思います。

あるいはコーチングやセラピーなどを得意とされている方がこの世にはたくさんいらっしゃいます。プロに相談するものありです。無理して生きてても辛いだけですからね。

そう考えると、人は本質的に他人を必要としているんですよね。お互いが助け合い、支え合う仲なんだろうな。

自分に気付ける参考書

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影:Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術:Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。