「なる!」「する!」と決めて行動していると夢は叶う

2015年3月末のこと、夢のひとつが叶っちゃたよ!

それは尊敬する写真家、ハービー山口さんに直にお礼の言葉を伝えること。

代々木公園で桜フォトウォークしたあと、ハービー山口さんのトークショウが行われるLeica銀座店に行きました。あわよくば直にお話して、感謝の言葉をお伝えしたかったからです。

結果的にはトークショウ後に書籍販売 + サイン会と希望者には撮影会があり、すんなり達成。

とはいえ、どんな夢であれ「なる!」、「する!」と決めて動いていないと叶わないもんです。

今回はそんな気づきのお話。

R4003181_lr

100の夢

僕にはたくさんの夢があります。これからの人生で叶えたいものを今年の1月に書き出してみたところ、およそ100個。

「夢」というのは

  • 「こうなりたいなぁ」ってコト
  • 「こんなことやりたいなぁ」ってコト

人によっては「え?そんなことが夢なの?」だってあるでしょうね。ハービー山口さんに会うのだって、僕からしたら夢だけど人によっては「ふーん」と思う方もいますから。

でもね、そんなんでいーじゃん!?

夢のプライオリティなんて人それぞれ。幸せの形も人それぞれ。同じである必要なんてまったくなし。

R4003188_lr

勇気をもらったお礼を伝える

「雲の上はいつも青空 Scene.2」にもらった勇気

以前、こちらの本を買いました。

■読み始めたときに感じたことを記事にしています。

読み切ってから感じたことは「本当に買って良かった」ってコト。直感を信じた甲斐がありました。

なぜなら、本のカバーの裏にこう書かれており、

Scene2は写真が上手くなる本ではなく、写真で幸せになるための書である。

僕はまさにそんな感情を抱けたから。

ハービーさんの考えに共感できる部分が多く、こいつぁ参考にしようと決めたことがたくさん。これから自分の好きな写真で何かをやっていこうと考えていた僕には「そのための勇気」をもらえたわけ。

すごく助けられたから直にお礼を伝えたい。

R4003192_lr

サインのときに「ありがとうございます」を伝えたよ

トークショウ後、「雲の上はいつも青空」を買いました。

ハービーさんにサインをいただくとき、思い切って(こういうときってけっこう勇気なんだよね)、

  • Scene2から勇気をもらったこと
  • 信州に移住すること(World wideなハービーさんには「外国に?」と聞かれちゃいましたが笑)
  • 移住先でもハービーさんのように写真で人に貢献したいこと

こんなことをぶつけてみたら「おぉ!」みたいな反応をいただいた上、堅い握手まで交わしてくれてね。ホント感激だったなぁ。

R4003193_lr

実は僕がこの行動に出れたのは、たまたまその場に居合わせたお友達の存在が大きかったんです。

会場に見知った顔があって「え?アレ?居たんですか!」みたいな。その方が「チャンスなんだし行っといで!」と背中を押してくれまして、ハービーさんにお礼することが出来たんだと思うな。

R4003196

「なる!」「する!」と決めて行動していたから叶った

情報源はたまたま目にした告知ポスト

今回のトークショウはFacebookで知りました。

ハービーさんをフォローしているとはいえ、Facebookの表示アルゴリズムでは全ての投稿が読めるわけではありません。それなのにトークショウの告知が目に入ってきた。これはラッキー以外の何物でもないね。

僕が申し込んだ日に満席になったようでギリギリだった模様。こいつもラッキーでした。

R4003197

夢を叶えたかったら、人生のカーナビに行き先を設定しよう

大切なのは行き先、ゴールを決めるだけです。

ゴールは何でもいいよ。

「〜〜のライブに行きたい」だっていい。

そういうことだったら常日ごろ達成している人の方が多いんじゃない?そのほか「ハワイに3週間行こう」とか「大切な人にサプライズプレゼントして喜んでもらうぞ」などなど。

夢だって同じ。

「3ヶ月後に5kg減しよう」のように期限とゴールを決めていると、叶えるための情報が目に飛び込んできます。そういうときに「チャンス到来!よし、やろう!」とサクッと行動に出れるもんです。

逆に言うと、決めていないとそういう情報を目にしても気付かないし、仮に気付いてもサクッと行動することは難しい。

R4003200_lr

おわりに

今回の夢、達成難易度はやさしい部類でしょう。実際に会って伝えるだけですからね。

でも、夢を書き出して「よーし、やるぞ!」と意識しているのとしていないのでは、たぶん達成時期が違ったんじゃないかなって、なんとなく思う。(書き出すことで少なくとも目の前に現実化=物質化しているし)

例えば、意識してなければサインをもらって終わり、だってありえたはず。「またの機会にお礼すればいいや」って思っちゃったかもしれないですよね。でもね、僕は「絶対に伝えるぞ!」と気合い入れから良い結果を引き寄せた。

意識して行動してて良かった。

「行動する」って大事!

Stay Punk!!って熱いっす。

ハービーさんのやさしいフォトエッセイ集

撮影:Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

撮影:Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術:Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。