伸び悩んでいるときこそ次に進むタイミング

「今、なんだかイマイチだ」
「今、なんだかうまくいってない気がする」
「今、ちゃんと進んでいるのだろうか」

ふと、そう感じてしまうときはありませんか?そういうときってどうしてますか?

もし、そのままやめてしまったとしたら、もったいないよ。そういうときこそチャンスであることが多いです。

こういうときは2つのことか考えられます。

1. お試しがきている

何かのキッカケあって、あなたが始めたこと。好きなことであったり、恩師に勧められたり、虫の知らせだったり、キッカケはなんでもいいです。

楽しんでやっていたことも、いつしか冒頭の

「今、なんだかイマイチだ」
「今、なんだかうまくいってない気がする」
「今、ちゃんと進んでいるのだろうか」

を感じるようになったら、これです。

「それでも続けたいかい?」と問われているとき。
「それでも続けるのだ!」とどんだけ自分を信じられるか問われているとき。

結果「続けたいんだ!」「続けるんだ!」という気持ちが出てきたら、とても素敵なことだと僕は思う。きっとそれは、あなたにとってぴったりなことです。

それがわかるだけでも嬉しくない?

ただ、人間ずっと同じことをしていると飽きが来るもの。ちょっと休憩しちゃいましょう。また再開すればいいから。

2. 「これまで」と決別するサイン

もうひとつは「これまで」と決別するとき、というサイン。

これまでのやり方がイマイチだったから、「イマイチな今」があるわけですからね。決別は言いすぎかもしれないけれど、「これまでを見直す」タイミングであることは確か。原因がわかればしめたもの。あとはやるだけです。

でも、ここで罠があります。

そのやることに対して「・・・でも」や「どうせ〜〜だし」なんて言葉が出てきたら注意。それは(ほぼほぼ)ただの言い訳であって嘘だから。

言い訳や嘘は表面的なことが多く、実はもっと根本的な、自分の心の問題が隠れているサインでもあります。

たとえば▼の記事のように。

これに気づけたのは最近ですけどね

したいのに動けない。そんなときは「自分と向き合うこと」がおすすめです。

本を読んでも良いですし、人と話すでもいい。▼のようにノートとペンを持って、ひたすら書き出すのも大変有効です。

おわりに

「今、なんだかイマイチだ」
「今、なんだかうまくいってない気がする」
「今、ちゃんと進んでいるのだろうか」

のときに大切なのは、あなた自身がアッカーンわけではありません。ここ間違えないでね。

「今の自分をどんだけ信じられるか」というBeing(在り方)のお試しであり、今までのDoing(やり方)を見直すタイミングってことです。

【お知らせ】出張撮影のご依頼、承ってます

あなたの行きたい場所に出張してポートレイトやプロフィール写真を撮影します。出張エリアは関西エリア(神戸・大阪・京都など)、関東エリア(神奈川、東京など)です。

★詳細:ポートレイト撮影(Photo Session)
★詳細:イベント撮影(Photo Shooting)

撮影予約可能日

【関西エリア】
・当面の間は関西&土日祝日の撮影をお受けできます。ご依頼お待ちしています。

【関東エリア】
・未定

まずはお気軽にご相談ください

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

Software Engineer & Photographer/Web開発をしながら、撮られることになれてない方の笑顔を撮らせていただいてます。その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。横浜育ち38年、脱サラ信州移住2年半を経て、2018年春から関西在住。翌年秋から夫婦生活スタート。

人物写真|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

イベント写真|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。