退職月給与のカンチガイ

2015年1月末で会社を退職し、現在はフリーランスの僕。そんな僕にとって2月25日(水)はサラリーマンとして最後の給料をいただける日。くわえて退職金も。

給料日の前日に、勤めていた会社から明細書等々が送られてきました。明細を確認してみると「?」と感じることが。年をまたいだからか計算がなんか違うのかな?って。

Google先生に聞いてみると、退職月の給与について「予想していたのと違う」と疑問を持ってる方が多かったので、この記事にまとめました。

給与明細を見て「?」と思った方はご参考アレ。

とはいえ、今回は僕のカンチガイなので、お勤め先の給与体系などをしっかり把握されている方は、特に問題ないでしょう。

給与明細を見て僕が感じた「?」な点

まず社会保険料は引かれます。特に住民税は本年度支払い残分がごっそりと引かれます。

法人のルールとして、1月時点で所属している会社が社員の代わりに支払うそうです。お金はもちろん社員の給料から。そーゆーもんだそうです。

これは会社から事前に説明がありましたので、心の準備はできていました。・・・とはいえ、これまで月賦で少しずつ払っていたところ、一気にドーンと引かれると精神的ダメージはけっこう大きいですね(笑)

でね、僕が「?」と思ったのはこちら。

  • 2014年12月21日 〜 2015年1月20日分の給料がない!?(当月の給料がない!?)
  • 2015年1月21日 〜 31日の給料が日割りになっているだけ!?(締め日以降の給料だけなの!?)

R0015249

カンチガイの正体

勤めていた会社は前月21日〜当月20日までが給料対象です。だから、2月25日に「12/21〜1/20の給料がなくてなんでだろ?」と思いました。

でも、考えてみればハイ納得なんです。僕はこんなカンチガイをしていました。

【カンチガイ】
2014年12月21日 〜 2015年1月20日の「給料」 → 「2月25日」に振り込まれるはずだ!
2014年12月21日 〜 2015年1月20日の「残業」 → 「2月25日」に振り込まれるはずだ!

【正しくは】
2014年12月21日 〜 2015年1月20日の「給料」 → 「1月25日」に振り込まれた。
2014年11月21日 〜 2014年12月20日の「残業」 → 「1月25日」に振り込まれた。

カラクリは、残業代は当月中に計算できないですからです。タイムシートの提出が月初めでしたし。だから、「残業代」は「前月分」が計上されるんです。ゆえに、

【結論】
2015年1月21日 〜 2015年1月31日の「給料」 → 「2月25日」に振り込まれた。(日割り)
2014年12月21日 〜 2015年1月20日の「残業」 → 「2月25日」に振り込まれた。
(1月は有給消化でほとんど出社しなかったため、1月21日以降の残業はありません)

ということで給与明細のとおり。 問題なし。

R0015250

慣れとはかくもおそろしきものなり

毎月決まった日に給料が振り込まれていると感覚がマヒしますね。明細を見ても社会保険料がいくらで、残業代がいくらということしか見てませんでした。

だから、給料も残業代も 前月のものが振り込まれるものだという錯覚をしてしまいました。

悪く言うと、自分の所得について深く考えなかった、という思考停止とも言えます。そんなだから、今回のようなカンチガイをしてしまったわけです。

幸か不幸か、これからは収支や財産をしっかり把握し、運用してかねばならない立場です。日々勉強ですね。

R0015255

おわりに

退職するときって、いろんな「想い」があるものですが、退職後に給与トラブルになったり、僕のようにカンチガイすることもあるでしょう。

その「想い」が残念なことにならないよう、退職前に会社に確認できることは、しっかり確認しておくことをオススメします。会社によって給与計算はいろいろあるようですからね。

仮に「最後の給料は前月分が全部もらえるはずだ」と生活費の足しにしていたとしても、「あー!入ってないじゃん!」と予定が狂うことだってありえますから注意が必要です。

R0015251

おすすめ本1:退職前に読んでおくと良い本

おすすめ本2:独立してから読んでおくと良い本

撮影|Photo Session

お話しながらのポートレイト撮影です。「今」そして「これから」のあなたにフォーカスして撮影します。SNSやサイト用のプロフィール写真に。

 

撮影|Photo Shooting

「友達と楽しんでいる」「セミナーで講演している」「パーティーを主催している」など、皆さんが大切な時間を過ごしている瞬間をスナップします。

 

写真術|Photo Lecture

カメラの使い方、撮影術、Lightroomの使い方などの「マンツーマンレクチャ」や「少人数制のワークショップ」について。写真に関する疑問の解決に。

 

この記事を書いた人

花村貴史|Takashi Q. Hanamura

空気感フォトグラファー/傾聴者/エンプティチェアが好き/Creative Codingが好きな、写真を生業とする元ソフトウェアエンジニア。
「自分の好きを大切にしよう」と会社員をやめて大好きな信州に移住。2年半の信州生活を終え、愛しの相方さんのいる兵庫に移住。
その人・その場の「空気感をそっとすくい撮る」写真が好評。撮影した写真で「自然体のあなた」を世に伝えるメッセンジャー。
オシゴトについては「サービスメニュー」へ。ご依頼は「お問い合わせフォーム」からどうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします